Tシャツ・シャツ・スウェット

【CAMBER・Tシャツ徹底レビュー】夏の主役になる#302マックスウェイトのサイズ感・生地感

読者さん

夏に1枚で主役になるTシャツが欲しいなー。タフで丈夫なCAMBERが気になっているだけど…購入するのにサイズ感や生地感が気になるんだよねー。

こんな方に向けて「CAMBERのTシャツ」を詳しく紹介していきます!

書いているのはこんな人
  • 元大手靴屋店長・アパレル販売員を経験
  • アメカジアイテムが大好物
  • 「MADE IN U.S.A.」という言葉が好き
アメカジ大好き
パーネンです

ヘビーウェイトでタフなTシャツがそろう「CAMBER」。

「チクスケ」とは無縁の厚手で丈夫なTシャツが人気のブランドです。

そんなCAMBERの中でも1番人気を誇る「#302マックスウェイトTシャツ」を愛用している僕が、特徴・サイズ感・縮み方をレビュー。

他モデルの種類など、夏に活躍するCAMBERのTシャツを徹底紹介していきます。

コレを1枚着るだけで主役になれるTシャツなので、シンプルで使えるTシャツを探している方はぜひ参考にしてみてください。

パーネン

「HANES/BEEFY」や「CHAMPION/T1011」など、シンプルで人気の高いTシャツは数あれど、生地の厚さや丈夫さはCAMBERが1番!

【CAMBER/キャンバー Tシャツの特徴今もアメリカ生産を続ける希少ブランド

シンプルなTシャツはいろいろなブランドから発売されているけれど、CAMBER/キャンバーのTシャツは他ブランドにはない魅力がつまっています。

  • 希少な「MADE IN U.S.A.」
  • とにかく分厚くて丈夫なボディ
  • いつでも買える安心の「定番」アイテム

シンプルだけでは終わらない、僕らのような洋服好きが納得できるTシャツブランドです。

【CAMBERの特徴1】今もなお「MADE IN U.S.A.」を続ける希少ブランド

CAMBERの歴史はそれなりに長く、創業は1948年。

アメリカ・ペンシルバニア州で生地生産工場として始まり、今もスウェットシャツやTシャツをつくり続ける、希少な存在となった「MADE IN U.S.A.」ブランドです。

【CAMBERの特徴2】汗染みやヘタリとは無縁の極厚ボディ

厚手のヘビーウェイト素材にこだわりを持っているCAMBER。

多くの製品で厚手素材が使用されていて、特にTシャツは他ブランドにはないほど厚みのある素材を使用。

  • 夏のTシャツ問題「汗染み」「チクスケ」
  • 着用や洗濯をくり返したときの「ヘタリ」

多くのTシャツで悩まされるこんな問題もCAMBERのTシャツとは無縁の話です。

【CAMBERの特徴3】毎年買い足せる安心の定番アイテム

トレンドの移り変わりがあるファッションアイテムですが、CAMBERはそのサイクルとも無縁。

CAMBERのアイテムは基本的に通年展開される定番アイテムなので、いつでも買い足せるのが魅力です。

  • 色ちがい・サイズちがいで買い足したい
  • さすがにヘタってきたから買いなおしたい

こんな場合も探しやすいのが定番アイテムの魅力ですね。

パーネン

僕はCAMBER製品のファンなので、Tシャツだけではなくスウェットアイテムなんかも少しずつ買い足しているよ。それぐらい気に入っているブランドなんです!

【CAMBER/キャンバー #302マックスウェイトTシャツ・レビュー】極厚8オンスTシャツのサイズ感・生地感・縮み方

ここからは、実際にCAMBERのTシャツを愛用している僕のおすすめモデル「#302マックスウェイトTシャツ」をレビューしていきます。

  • 丈夫でタフな8オンスの極厚生地
  • アメリカらしいボックスシルエットで大きめのサイズ感
  • 生地はコットン100%で縮みは避けられない
  • 胸ポケット以外に装飾のないシンプルデザイン
  • 分厚すぎて乾きにくいのが唯一のデメリット

良い面・悪い面も含めて、育てがいのあるTシャツです。

極厚8オンスの生地感

通常、5~7オンスぐらいの厚みがあれば「厚手」といわれるTシャツですが、CAMBERマックスウェイトTシャツは脅威の8オンス!

  • OZ(オンス)

…重さを表す単位。1オンス=1ヤード四方(約0.91㎡)で約28gの重量の生地。

 生地の厚みを表すのにつかわれる単位で、数字が大きいほど厚い。

僕の知る限り、CAMBERの8オンスというのは普通に買えるTシャツの中ではもっとも厚手のTシャツ。

もうほとんど薄手のスウェット生地並の厚さ。

分厚すぎる生地なのではっきりいって夏場はすこし暑いぐらいですが、汗染みがわかりにくいので汗っかきの僕としては重宝してます。

アメリカブランドらしい大きめのサイズ感

先ほど「MADE IN U.S.A.」と紹介しましたが、CAMBERのTシャツはさすがアメリカ!といえる無骨なボックスシルエットになっています。

袖丈長め・胴回りもズドンとしたシルエットで、トレンドのビッグシルエットにもつかいやすい1枚。

『169㎝・62㎏』で普段トップスならMサイズを選ぶ僕が、CAMBERのSサイズを着てみてこんな感じ。

肩のあたりはぴったりな感覚で、トレンドを意識して大きめに着たいならMサイズでもいいぐらいですね。

目安として日本サイズの1サイズ大きめのつくり。

  • ちょうどいいサイズで着たい方…1サイズ小さめ
  • トレンドのビッグシルエットで着たい方…日本サイズと同じサイズ

こんな感じでえらぶといいかも。

縮みはするものの大きな影響はない縮み方

アメリカ製品らしいザラッとしたコットン100%生地がたまりません。

洗いこむことで若干の縮みがあり、しっかり目が詰まってきます。

袖丈・着丈はそれなりに縮みはあるものの、ワンサイズ縮むほどまではいかない塩梅です。

サイズ選びには影響ないぐらいの縮み方。

古着で購入してしっかり洗いこまれていた生地感はこんな感じ。

新品の粗いザラッとした表面ではなく、やわらかくなっていい感じのクタリ具合です。

しっかりと太いリブで首はつまり気味

他のアメリカブランドTシャツもけっこうタフなつくりの首元ですが、CAMBERは群を抜いたつまり具合とリブの太さが特徴。

太めのシルエットなのに首元はしっかりと詰まった感じで、なかなか他ブランドにはない雰囲気に仕上がります。

ちなみに同じくアメリカ製のT1011やGOODWEARは着こむことでネック部分がもう少し開いてきます。

もう少し首元の開きが欲しい人はこれらを選んでみるのもいいかもしれませんね。

全く装飾がない潔いシンプルデザイン

デザインの面でいえば、まあはっきりいって何の特徴もないシンプルなポケットTシャツです。

ただ、この無骨な生地感と潔いシンプルなデザインが唯一無二の存在感を醸し出しています。

『シンプルTで勝負!』

こんな人には打ってつけの勝負Tシャツじゃないでしょうか。

洗濯したときに乾きにくいのが唯一のデメリット

そんなおすすめのCAMBERマックスウェイトTシャツにも欠点はあります。

それは「生地が厚すぎて乾きにくい」という点。

機能的な速乾素材なんかも出回っている昨今、昔ながらのコットン100%の極厚Tシャツではなかなかに乾きにくく、部屋干しの天敵です。

パーネン

そんな手のかかる部分も含めて、つい着たくなる、かわいいヤツなんです。

【総合評価】毎年買い足したくなる夏の最強Tシャツ、それが「#302CAMBERマックスウェイトTシャツ」!

乾きにくいという問題はあるものの、それ以外は正に唯一無二の存在といえるCAMBERマックスウェイトTシャツ。

僕は数年前から買い足しつづけてますが、毎シーズン買えるというのも高ポイント。

サイズちがいやカラーちがいでクローゼット内に増やしていきたい愛着のあるTシャツです。

主役級のTシャツを探している方にはぜひ試してみてもらいたい1枚。

【CAMBER/キャンバー Tシャツの種類】マックスウェイトTシャツ以外のおすすめアイテム

CAMBERでは「#302マックスウェイトTシャツ」以外にもTシャツの種類があります。

ざっくりと紹介していきましょう。

#301マックスウェイトTシャツ

「ポケットなしのマックスウェイトTシャツ」

それが#301マックスウェイトTシャツです。

よりシンプルなTシャツですが、取り扱い店舗が少ない印象。

スペシャルエディション

数年前まで流通していた、いわゆる「別注品」。

  • 首のリブが約半分の長さ
  • 角が丸く小さめの胸ポケット
  • シルエットを少し小さめに変更

定番のマックスウェイトTシャツにこんな変更を加えたモデル。

パーネン

実際に僕も持っているけど、少し上品になったマックスウェイトTシャツかな。

CAMBERが別注アイテムを手掛けなくなったので基本的にはもう流通しないのですが、楽天などでまだ在庫が残っているショップもあります。

#701 FINEST/ファイネスト

#302の生地では分厚すぎる!という方には、この「#701ファイネスト」がおすすめ。

マックスウェイトTシャツよりも少し薄手の6オンス生地。

パーネン

6オンスでも充分厚いけどね。

使い勝手でいえばこれぐらいの厚さの方がいいかもしれません。

ただ、取扱いがあまりないのが残念なところです。

# 305 長袖マックスウェイト

長袖バージョンのマックスウェイトTシャツです。

ゆったりシルエットとほどよい厚みの生地で使い勝手のいいロングスリーブ。

袖リブもしっかりしているので、これだけで主役になってくれる1枚です。

パーネン

Tシャツ以上スウェット未満でなかなか使いやすそうなアイテム。

【CAMBER/キャンバーの取り扱い店舗】購入するならAmazon・楽天がやっぱりおすすめ

読者さん

CAMBERのTシャツがおすすめなのはよくわかったけど、結局どこで探せばいいの?

CAMBERのTシャツの定価は約6,000円と、正直、無地のTシャツにしてはお高めです。

そこでおすすめなのはやっぱりAmazonと楽天。

うまく探せば4,000円程度で新品のCAMBER製品が購入できます。

価格・在庫・カラバリ・種類の豊富さは「楽天」に軍配

実際にAmazonと楽天で調べてみましたが、価格・種類の多さ・カラバリなど、楽天市場の方がそろっている印象です。

マックスウェイトTシャツなら3,000円台から並んでいました。

  • 基本、楽天で最安・マイサイズを探す
  • セールの最安狙いやAmazon好きの方ならAmazonで

こんな感じで使いわけてみてもいいかも。

パーネン

僕は楽天好きなので、在庫がある限り楽天で探す派!

【まとめ】人気Tシャツブランド「CAMBER/キャンバー」はシンプルで丈夫、夏の主役になる1枚

夏に活躍してくれるCAMBERマックスウェイトTシャツのレビューとCAMBERの種類を紹介してきました。

何回もいいますが、とにかく厚手で1度手に入れれば何年も着まわせる最強TシャツがCAMBERの魅力。

気になった方はぜひ自分のお気に入りのカラーを見つけてみてください。

パーネン

僕は次はナチュラルカラーを買おうかな。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

それでは、パーネン(@hiro_pa911)でした。