Tシャツ・スウェット PR

【コスパ最高】ロサンゼルスアパレルのTシャツを徹底レビュー!サイズ感や種類、縮み方を解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
読者さん

ロサンゼルスアパレルのTシャツを買おうと思うんだけど、サイズ選びが難しそうなんだよね。どんなサイズ感で選べばいいんだろ?種類や縮みについても知りたいな。

こんな方に向けて、ロサンゼルスアパレルのTシャツを実際に着用したサイズ感や生地感をレビューしていきます。

書いているのはこんな人
  • 元大手靴屋の店長&アパレル販売員
  • アメカジ大好き人間
  • 他人と違うものを着ていたい天の邪鬼
アメリカ大好き
パーネンです

シンプルでベーシックなアイテム展開で人気のブランド「ロサンゼルスアパレル」。

春夏はTシャツ、秋冬はスウェットアイテムが定番人気となっています。

ロサンゼルスアパレルのTシャツを徹底レビュー・Tシャツ画像

人気のロサンゼルスアパレルですが、アメリカ製ゆえにサイズ感や数種類の生地の厚さで悩む方が多いのも事実。

そこでこのページでは、ロサンゼルスアパレルのTシャツを着用して感じたサイズ感や生地感を実際の着用画像を数多く交えて紹介していきます。

シンプルなアメリカ製Tシャツながらお手頃価格が魅力なので、色ちがいで何枚か持っていると助かる、名作Tシャツといえるでしょう。

パーネン

僕自身、色ちがい・サイズちがいで5枚ほど着まわしてます。

【ロサンゼルスアパレルの歴史と特徴】評判の高いアメリカ製ブランド

ロサンゼルスアパレルは、2017年にアメリカのロサンゼルスで設立されたファッションブランド。

創設者であるドヴ・チャーニーが前身となるアメリカンアパレルから従業員や工場をそのまま引き継いでスタートしたのがロサンゼルスアパレルです。

アメリカ製にこだわりを持つブランド

ロサンゼルスアパレルのTシャツを徹底レビュー・Tシャツ画像

ロサンゼルスアパレルの製品はアメリカ国内での縫製にこだわり、使用される原料も半分以上がアメリカ産と、とにかくアメリカ国内生産にこだわりを持っています。

全行程を自社で行い地域の雇用を創出するなど、社会貢献にも強い意識を持ち、アメリカンアパレル創業時からのコンセプトを引き継いだブランドといえます。

展開商品はTシャツ、スウェット、パンツ、ソックスなどの定番アイテム

Tシャツやパンツ、スウェットなど、シンプルでベーシックな商品を展開し、長く定番として使えるアイテムが多く並びます。

画像引用元:https://losangelesapparel.jp/

日本国内では特にTシャツとスウェットアイテムの人気が高く、毎シーズン、人気カラーは早めにサイズ欠けが出るほどの人気となっています。

当初はスクリーンプリント業者として活動していましたが、自身のクリエイティビティを発揮するために独自のブランドを立ち上げることを決意しました。

ロサンゼルスアパレルのTシャツは、多様なカラーパレットやグラフィックスを使用し、個性的なスタイルを提案しています。

ロサンゼルスアパレルの他にも、貴重なアメリカ製Tシャツブランドをレビューしています。

【ロサンゼルスアパレル ガーメントダイ6.5オンスTシャツ・半袖長袖レビュー】アメリカ製のサイズ感と生地感が魅力

ここからは実際に購入した「ロサンゼルスアパレル・6.5オンスTシャツ」をレビューしていきます。

ロサンゼルスアパレルのTシャツを徹底レビュー・Tシャツ画像

ロサンゼルスアパレル6.5オンスTシャツの魅力

  • サイズ感はアメリカサイズで大きめ
  • 6.5オンス生地はちょうどいい生地の厚み
  • 綿100%でザラッとした生地感がさすがアメリカ製
  • シンプルデザインで使いやすい
  • 首元のタグには縫製した人の顔写真も

サイズ感はアメリカサイズで大きめ、長袖は袖丈が長め

ロサンゼルスアパレルのTシャツはアメリカ製ということもあり、サイズもアメリカサイズになります。

ロサンゼルスアパレルのTシャツを徹底レビュー・Tシャツ画像
  • 僕のスペック…169㎝・64㎏・中肉中背のいたって普通体型
  • 僕の普段のサイズ…日本サイズでMがちょうど、オーバーサイズでL
  • ロサンゼルスアパレルのサイズ…Mサイズでちょっとオーバーサイズ気味

大きめのオーバーサイジングが普及している昨今、僕自身大きめサイズを好んで着ていますが、ロスアパならMサイズがちょうどいいサイズ感です。

結論、ロスアパの場合、普段セレクトする日本サイズの1サイズ小さめを選ぶといいでしょう。

ロサンゼルスアパレルのTシャツを徹底レビュー・Tシャツ画像

ちなみに、こちらは同じロスアパ6.5オンスTシャツのLサイズです。

お尻まで隠れるサイズ感はビッグサイズ全盛期ならまだしも、最近では少し大きすぎると感じています。

パーネン

さすがにアメリカ製Lサイズはやりすぎたかな…

同じ6.5オンスの長袖Mサイズのサイズ感はこんな感じ。

ロサンゼルスアパレルのTシャツを徹底レビュー・Tシャツ画像

袖リブはきつすぎないもののしっかりとした長さがあり、アメカジらしさが感じられます。

普通体型の僕で袖の長さは少しあまり気味。

もう少しスラリと手足の長い体形に生まれたかったものです…

6.5オンス生地は1枚で着ても透けない

1枚で着ても透けない絶妙な厚みの6.5オンス生地を採用。

ロサンゼルスアパレルのTシャツを徹底レビュー・Tシャツ画像

アメリカ製Tシャツといえば8オンスあたりが厚手の境界線。

それらと比べて決して厚い部類に入りませんが、ギリギリ透けないちょうどいい厚さが6.5オンスになります。

夏場にTシャツ1枚で大量に汗をかくとどうしても汗染みは出てきますが、綿100%ならある程度仕方のないところ。

これより厚手になるともっとゴワつく感じが出てきます。

綿100%でザラッとした生地感がさすがアメリカ製

ロサンゼルスアパレルの魅力はなんといっても全ての製品がアメリカ製という点。

ブランドの定番である6.5オンスTシャツに使用される綿100%の生地は、まさにアメリカの雰囲気が感じられる生地感。

ロサンゼルスアパレルのTシャツを徹底レビュー・Tシャツ画像

少し表面がカサついたザラッとした生地の手触りは、アメリカ製を愛する僕たちのような服好きにとってたまらなく愛せるポイントでもあります。

ガーメントダイ(製品染め)の特徴であるアタリと相まって、アメリカ製品らしい雰囲気が満載ですね。

パーネン

服に興味がない人にとってはまったく魅力が伝わらないポイントだけど、解る人にだけ解ってもらえたらそれでいいんです!

基本が無地のシンプルデザインで使いやすい

ロサンゼルスアパレルの製品は基本的に無地のアイテムになります。

ロサンゼルスアパレルのTシャツを徹底レビュー・Tシャツ画像

正直、ぱっと見ではどこにでもあるシンプルな無地Tシャツ。

そこに、前述してきた生地感やアメリカ製という付加価値が加わり、服好きに愛される定番の1枚として人気を博しています。

シンプルな無地Tシャツですがカラバリも豊富なので、どんなコーデでも使いやすいのは言わずもがな。

僕は夏に1枚で着ることが圧倒的に多いですが、涼しい季節にはサイズを考慮してインナー使いでも活躍します。

着こむと首元が少しだけゆるくなってくるので、こなれ感も感じられます。

首元のタグには縫製した人の顔写真も

ロサンゼルスアパレルの隠れた魅力が、タグに印刷された人の顔。

ロサンゼルスアパレルのTシャツを徹底レビュー・Tシャツ画像

全ての製品に、縫製を担当した人の顔写真がタグとして縫われています。

直近で僕が購入したのはどれもVirginiaさんが担当してくれました。

パーネン

作ってくれた方たちの顔が1着1着についているのは何ともいえない嬉しいポイント!

6.5オンスなら価格もお手頃でおすすめ

こんな感じで正に「ちょうどいい」無地Tシャツというのが、ロサンゼルスアパレルの6.5オンスTシャツの魅力。

ロサンゼルスアパレルのTシャツを徹底レビュー・Tシャツ画像

価格もAmazonや楽天で2,000円程度から買えるのも人気の理由といえるでしょう。

  • ちょっとばかりのこだわりがある
  • でも価格がそんなに高くない

そんなTシャツを探している人には、このロサンゼルスアパレル・6.5オンスTシャツがぴったりじゃないでしょうか。

パーネン

カラーも豊富なので、色ちがい・サイズちがいで何枚も欲しくなりますよ。

【ロサンゼルスアパレル Tシャツの素材と種類】メインは6.5オンス、8.5オンスの2種類

ロサンゼルスアパレルは、大きく分けて2種類のTシャツを定番として展開しています。

ロサンゼルスアパレルの種類

  • 6.5オンス
  • 8.5オンス

それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

6.5オンス

価格や品質のバランスが取れているのが6.5オンスの特徴です。

  • 薄すぎず厚すぎずちょうどいい厚みの生地
  • 価格が手頃で何枚も欲しい無地Tシャツの本命

ぶっちゃけ「普通感」は否めませんが、生地感とカラー展開の多さは他ブランドの同等製品と比べても突出しています。

レビューでも紹介しているように、アメリカ製でありながら2,000円程度で買える価格も魅力。

8.5オンス

しっかりとした厚手のTシャツが欲しいなら8.5オンスを候補に入れてみるといいかもしれません。

  • 極厚ともいえるほど厚手の綿100%生地
  • 価格が一気に高くなるのがネック

6.5オンスが2枚買えてしまうほど価格が高いのが唯一のデメリットといえるかも。

しかし、着こんだときの首の緩さやボックスシルエットの秀逸さはロスアパの魅力といえるでしょう。

8オンス以上のアメリカ製厚手Tシャツといえば他ブランドでも多く見受けられるので着比べてみてもいいかもしれません。

【ロサンゼルスアパレル Tシャツの注意点】大きめのサイズ感と乾燥機による縮みに注意!

綿100%のTシャツにとって、「縮み」はどうしても切りはなせない問題。

でも、乾燥機でその「縮み」をうまく利用するのも1つの手です。

乾燥機で縮む目安はだいたい1サイズダウン

前述したように、アメリカサイズで大きめにできているロサンゼルスアパレルの場合、サイズ選びで失敗することもあります。

パーネン

僕も大きめで着ようと思ってLサイズを買ったらやっぱり大きすぎました…

そんなときでも、あきらめずに乾燥機を利用してみるのもいいでしょう。

こちらは同じロスアパの6.5オンスTシャツのMサイズ(天日干し)とLサイズ(乾燥機)のサイズ比較です。

袖丈、身丈は乾燥機にかけても縮みきらず、やはりLサイズの方が大きな印象です。

身幅は縮んだLサイズの方がまだ少し大きい感じはありますが、着ている本人としてはほぼほぼ同じサイズ感。

ステッチにもアタリが出て、こなれ感が出るのも乾燥機のメリットといえるでしょう。

適正サイズの場合は乾燥機を避けるのが無難

とはいうものの、やはり乾燥機で縮めるのは応急処置的な意味合いが強いと個人的に感じます。

もともと縮めるつもりで大きめサイズを選ぶならいいですが、適正サイズで購入したTシャツのサイズが小さくなってしまうのは避けたいものです。

パーネン

正直、どれくらい縮むか、乾燥機を開けるまでドキドキです。

【ロサンゼルスアパレル おすすめ通販ショップ】Amazon、楽天で最安を探すのが吉

ロサンゼルスアパレルのTシャツを購入するなら、やはり少しでも安く買いたいもの。

その点でいえばAmazon、楽天で最安価格を探すのがもっともおすすめです。

調べる限りAmazon、楽天がもっとも安く買える

多くのショップで取り扱うロサンゼルスアパレルなので、好みのカラー、サイズを探すならAmazonや楽天が手軽で便利です。

価格面でみても、これらのサイトなら6.5オンスTシャツなら2,000円前後、8.5オンスTシャツでも4~5,000円程度と、かなりお安く購入できます。

パーネン

僕はいつも楽天で探してます。

公式サイトは商品の種類、カラバリはダントツ

ロサンゼルスアパレルは日本語対応の公式サイトもあります。

≫ https://losangelesapparel.jp/

ただ、定価販売になるのでお高めにはなります。

その分、商品の種類やカラーバリエーションは群を抜いて多いので、人とかぶりたくない方は公式サイトで探すのもいいでしょう。

【まとめ】シンプルでお手頃価格が魅力のロサンゼルスアパレル

ロサンゼルスアパレルのTシャツを徹底レビュー・Tシャツ画像

定番化しつつあるロサンゼルスアパレルのTシャツについて解説してきました。

ロサンゼルスアパレル Tシャツのまとめ

  • みんな大好きアメリカ製
  • シンプルでカラバリ豊富
  • 生地の厚さは6.5オンス、8.5オンスの2種類
  • アメリカンサイズなのでサイズ感は大きめ
  • Amazonや楽天なら安く買える

ぱっと見はいわゆる”普通”なTシャツですが、わかる人にはわかる、こだわりが詰まったTシャツです。

何枚でも欲しくなってしまうぐらい使いやすいTシャツなので、ぜひマイ定番に加えてあげてください!

パーネン

僕もまだまだ買い足す予定!

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

それでは、パーネン(@hiro_pa911)でした。

RELATED POST
【ラガーシャツおすすめブランド5選‼コーデに使える万能着こなしアイテム】アイキャッチ画像 Tシャツ・スウェット

ラガーシャツおすすめブランド5選!コーデに使える万能着こなしアイテム

2019年8月28日 パーネン
https://hiropablog.com/wp-content/uploads/2023/03/hiropablog-logo4.png 元靴屋の服靴ブログ|30代からのメンズファッションブログ
近年、人気が高まっているラガーシャツ(ラグビーシャツ)。 れっきとしたスポーツウェアですが、実はアメカジなどのカジュアルコーデにも使える万 …
ワラワラスポーツ ベースボールT アイキャッチ画像 Tシャツ・スウェット

ワラワラスポーツ・七分丈のベースボールTシャツが万能でおススメすぎる

2018年8月5日 パーネン
https://hiropablog.com/wp-content/uploads/2023/03/hiropablog-logo4.png 元靴屋の服靴ブログ|30代からのメンズファッションブログ
夏は半袖Tシャツ1枚で過ごすことが多いですが、気温が下がって涼しくなってくると半袖以外のTシャツが欲しくなってくるところ。 そんな時に七分 …
チャンピオン・現行リバースウィーブ(赤タグ)徹底レビュー・サムネイル画像 Tシャツ・スウェット

【本命スウェット】チャンピオン・現行リバースウィーブパーカ(赤タグ)徹底レビュー|種類やサイズ感

2023年2月12日 パーネン
https://hiropablog.com/wp-content/uploads/2023/03/hiropablog-logo4.png 元靴屋の服靴ブログ|30代からのメンズファッションブログ
読者さん スウェットが欲しいんだけど、リバースウィーブが気になるんだよねー。やっぱりスウェットといえばチャンピオンかなー。色々と種類もある …