アウター

【メンズダッフルコートの定番ブランド3選】大人な1枚を選ぶならイギリス御三家!

読者さん

ダサくないダッフルコートってどこのを選べばいいんだろう?メンズでダッフルコートを探すのにおすすめのブランドってあるかな?

こんなお悩みの方に向けて、メンズダッフルコートのおすすめ定番ブランドを紹介していきます。

書いているのはこんな人
  • 元大手靴屋の店長、元アパレル販売員
  • 持っているコート、アウターは10着以上
  • 毎年アウターを買い足す服バカ
アウター大好き
パーネンです

結論からいえば、ダッフルコートを探すときには本場イギリス製の3ブランドから選べばまちがいなしです。

  • グローバーオール
  • インバーティア
  • モンゴメリー

上の3ブランドはダッフルコートブランドとしての歴史もあり、他のブランドにはない高級感もあります。

一着持っておけば10年以上はつかえる、本物のダッフルコートブランドです。

このページではこの3ブランドのダッフルコートについて詳しく紹介していきます。

さらに、ダッフルコートの歴史や特徴、ダサくならないコーデのポイントなども紹介します。

パーネン

正直、値段は張るけど、何年も冬コーデの主役になってくれる間違いないブランドたちだね。

【ダッフルコートとは?】ダッフルコートの歴史と特徴

冬の定番アウターとして根強い人気があるダッフルコート。

特に今年はトレンドアイテムとして探されている方も多いのでは。

そこで改めて、ダッフルコートの歴史や特徴についておさらいしてみましょう。

軍服から世に広まったダッフルコート

ピーコート、チノパン、サーマルTシャツ…

メンズの定番アイテムはミリタリーファッションから始まったモノが数多くあります。

ダッフルコートもそんなミリタリー出身の1つ。

起源は北欧の漁師の仕事着であるが、第二次世界大戦時にイギリス海軍で防寒着として広く使用され、その余剰在庫品が大戦後に市場に出回ったことで一般化した。

引用元:Wikipedia

軍隊の各種制服の上からオーバーコートとして着るため、非常にゆったりとしたサイズになっていることが特徴。

こんなエピソードも僕らのような服好きには堪らないウンチクです。

トグルとループで留める

ダッフルコートといえばやはりトグルとそれを留めるループが1番の特徴です。

イギリス海軍が寒い地域で、手袋をはめたままでも開け閉めができるように、という理由から採用されたディティール。

  • 木製トグル×麻紐
  • 水牛の角トグル×レザーループ

もともとは木でできたトグルと麻紐の組み合わせが原点で、少し粗野な印象。

水牛の角でできたトグルとレザーループの組み合わせは、より上品な印象になります。

パーネン

印象が大きく変わるので、好みが分かれる部分でもあるね。

前身頃は左右どちらからでも留められる

トグルとループで留めるため、前身頃は左右どちらからでも留められるようになっています。

海の上ではあらゆる方向から風が吹くので、風の向きによって変えられるように考えられたディティール。

ふだん街中で着る分にはそこまでこだわる必要はありませんが、風が強い日には気にしてみてもいいかもしれません。

大きなフードは帽子の上からでもかぶれて雨風防止に役立つ

ダッフルコートといえば大きなフードも特徴です。

ダッフルコートが子どもっぽい印象なのはこのフードが大きな要因かもしれません。

しかし、海軍の制帽の上からでもかぶれる大きなフードは、雨風を防ぎ、防寒にも役立つ大事なディティール。

街中で利用する機会は少ないですが、一目見てそれとわかるフード部分は、やはりダッフルコートに欠かせません。

他にもミリタリー出自らしい機能的なディティールがたくさん

イギリス海軍から始まったダッフルコートらしいディティールは他にもいくつかあります。

  • 寒さを防ぐためのロング丈
  • 手袋をはめたままでも出し入れしやすい大きなアウトポケット
  • 風の侵入を防ぐためのチンストラップ

ブランドやモデルによっても様々ですが、どれも実用性を考えてつけられたものです。

ミリタリー出身のファッションアイテムとして定番のミリタリーパンツも詳しく紹介しています。

【ダッフルコート・おすすめメンズブランド】本場イギリス製で大人な1枚を選ぶならこの3ブランドから

ここからはダッフルコートのおすすめメンズブランドを厳選紹介していきます。

最初にも紹介しましたが、やはりおすすめはこの3ブランド!

  • グローバーオール
  • インバーティア
  • モンゴメリー

1つずつ見ていきましょう。

グローバーオール

ダッフルコートの元祖といえるブランドがグローバーオール。

第二次大戦後にイギリス防衛省からダッフルコートを譲り受け、その後、改良を加えながら民間に広めたのがこのグローバーオールです。

今もイギリス国内の自社工場で一線級のコートをつくり続ける、ダッフルコートの代表的ブランド。

MONTY/モンティ

そのグローバーオールを代表するモデルがモンティ。

「THE・ダッフルコート」と呼べる、少し野暮ったい雰囲気の1枚です。

  • 木製トグル&麻紐ループ
  • 粗めの圧縮ウールの1枚生地

多くのセレクトショップで取り扱いがあり、比較的手に入れやすいモデルです。

KINGSTON/キングストン

こちらはグローバーオールの中でも最高級ラインに位置しています。

  • ウール100%のヘリンボーン生地
  • 高級感ある水牛トグル&レザーループ

固い生地感のモンティとは対照的に、やわらかく軽いヘリンボーン生地のキングストンは、大人が着るにふさわしい1枚。

使用する生地はイタリア・バロンブロッサ社の高品質なウールヘリンボーン生地。

正直、値段は張りますが、いつかは試してみてほしい一生モノといえるダッフルコートです。

パーネン

僕も古着で手に入れて、かなり気に入って着ています。

インバーティア

今もっとも勢いのあるダッフルコートといえば、こちらのインバーティア。

こだわりの生地を使用し、着心地と高級感でいえば唯一無二の存在です。

ジョシュアエリス社のヘリンボーン生地を採用したモデルがセレクトショップで数多く見られ、グローバーオール・キングストンと並んで、いつかは手にしたいコートといえるでしょう。

モンゴメリー

世界最古のダッフルコートブランドであるモンゴメリーもおすすめの1つ。

100年以上前からイギリス生産を続けているIDEAL CLOTHING社をチベット社が吸収、その後、モンゴメリー社に社名変更し現在に至ります。

前述の2ブランド同様、圧縮メルトン生地とイギリスを代表するマラリウス社のヘリンボーン生地を使用したタイプがあります。

パーネン

チベット社という名前で覚えている方も多いのでは。

【ダッフルコートってダサい?】どうしてダッフルコートを着るとダサくなってしまうのか

さて、「ダッフルコート」と調べようとすると、「ダサい」というキーワードが並んで出てくることがあります。

なぜか日本では「ダッフルコート=ダサい」というのが多く見られる意見のようです。

読者さん

やっぱりダッフルコートってダサいイメージ?

学生が着るというイメージが強く、子供っぽく見られる

日本では中学・高校と制服登校が一般的です。

制服の上からでも着れて防寒性にも優れたダッフルコートは「学生の冬服」というイメージがいつの頃からか強くなりました。

ダッフルコート=学生が着る

こんなことから、ダッフルコートは子どもっぽく見られることが多く、おしゃれアイテムとしてのイメージが薄れていたように感じます。

ロング丈、オーバーサイズは下手すると野暮ったい

ロング丈のアウター人気がすっかり定着しましたが、カッコよく見せるのは、ある程度シルエットやサイズ感が考えられていればの話。

オーバーコートとして基本的に大きくつくられているダッフルコートは、1つ間違えればダサいアイテムの筆頭候補です。

パンツや靴とのバランスも考えないと、ダサく見えがちなのは否めません。

今のダッフルコート人気は、ここ数年のオーバーサイズブームの賜物といえるでしょう。

生地のクオリティーが低いコートはダサく見えやすい【私見】

ダッフルコートに限らず、ウール系アイテムは値段と見ためが比例するものです。

値段の安いコート生地はポリエステルなどの化繊素材が多く入っていたり、生地の分量が削られていて安っぽく見えがち。

パーネン

化繊が絶対ダメとはいえないけど、グローバーオールの100%ウールヘリンボーン生地なんかを見ると、良いモノは良い!と感じるね。

生地のクオリティーが低いと毛玉ができやすかったり、変なシワがついたりと、やはり良いことはないですね。

【まとめ】ダッフルコートはイギリス御三家ブランドがおすすめ

先ほど紹介した「グローバーオールインバーティアモンゴメリー」は、どこも生地からしっかりと選定してダッフルコートを作り上げています。

決して安くないアイテムですが、これらのブランドのダッフルコートならば奇をてらわずにおしゃれを楽しめるはず。

安物買いの銭失い

とならないように、できる範囲の中で良いモノを選んでもらいたいものです。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

それでは、パーネン(@hiro_pa911)でした。