Tシャツ・シャツ・スウェット

CURLY(カーリー)プルオーバーパーカー・病みつきになる触り心地

curly pullover-parka eyecatch
パーネン
パーネン
どうも、パーカー大好きなパーネン(@hiro_pa911)です。

スウェットパーカーって楽に着られてあたたかくて、インナーにもアウターにも使える便利アイテムですよね。

今回は、そんなスウェットの中でもおすすめブランド「CURLY(カーリー)」を紹介していきます。

プルオーバーパーカーやブランド定番のジップパーカーが人気のブランドですね。

シンプルなデザインでありながら、これほど他ブランドと違いを出せるアイテムはなかなかお目にかかれない、という程おすすめのスウェットパーカーなんです。

こんな方に読んでもらいたいです
  • カーリーのパーカーを購入しようか悩んでいる方
  • 着やすくてカッコいいパーカーを探している方
  • カーリーの他のアイテムも知りたい方

CURLY(カーリー)とは?
ブランドの歴史と特徴

(official)curly-zip-parka hood<引用:CURLYオフィシャルホームページ>

1963年に手袋の一大生産地・香川県にて創業し、手袋製造で培った技術をもとに肌着、Tシャツを製造する工場を設立。

品質にこだわり国内生産を貫きながら、2009年にセレクトショップ出身の現在のデザイナーと出会い、「Tシャツ=カットソー」の概念に囚われないカットソーブランドを目指して「CURLY」がスタートしました。

自社工場での縫製はもちろん、オリジナル生地の開発、パターン作成、仕様の選定まで1つの建物内で行うことで、細かな部分にまでこだわったモノづくりをしているのが特徴。

カーリーの商品は、シンプルでありながら他社ブランドにはないアイテムばかりで、洋服好きの業界人からも高い評価を得る日本有数のブランドなんです。

パーネン
パーネン
僕みたいな洋服好きにはたまらないうんちくが詰まったブランドだね。

カーリーの定番素材「ラフィトップ」は最高の触り心地

そのカーリーで毎シーズン定番として展開されて人気が高いのが、独自開発されたスウェット素材を使用したパーカーアイテム。

curly pullover-parka tag

僕が持っているのは秋冬シーズンに使用される、裏起毛された「ラフィトップ裏毛」と呼ばれる素材。

繊維強度の高いトルファンコットン、シルキーな光沢が特徴なギザコットン、柔らかい手触りのスーピマコットンの落ち綿を混紡したムラ糸リサイクルコットンを使用。

美しいムラと柔らかくふっくらとした着心地が特徴で、起毛後に生地をもみ込み起毛を絡ませて、肌あたりと保温性を高めるという工夫までされている素材です。

しっかりとした強度がありながらふっくらとした感触が残っている、他ブランドでは見られない高級感漂うスウェット素材になっています。

パーネン
パーネン
僕も今まで数々のスウェット素材を見てきたけど、これはかなりポイント高いよ。

「カーリー プルオーバーパーカー」の魅力
カッチリにもカジュアルにも、絶妙なサイズ感

curly pullover-parka all-pocket-in

私事ですが、プルオーバーパーカーって大好きなんです。

ジャストサイズを選べば、パーカーのボリュームとゆったりすぎないシルエットのバランスが何とも言えない雰囲気を作ってくれます。

細身パンツでも太めのパンツでも、ショーツでもハマる万能トップスだと思ってます。

そんなプルオーバーパーカーを何枚も持っている僕ですが、その中でもこの「カーリー・プルオーバーパーカー」は大活躍の1枚です。

僕は170cm、62kgの体型で「サイズ2(M)」を着ていますが、とてもバランスのいいサイズ感になっています。

カーリーはジャストサイズでありながら適度にゆとりのあるサイジング。

そして、高級感のある素材と相まってカッチリとした、清潔感のある印象も持ちあわせています。

合わせるアイテムによって品のあるアメカジスタイルにも使える汎用性も持っているアイテムに仕上がっているんです。

僕のようなアラフォーのおっさんが着るパーカーとして、抜群の存在感を示してくれます。

curly pullover-parka top

さらにカーリーの特徴は、フード部分の立ち上がりがきれいで1枚で着てもアウターからフード部分を出しても、雰囲気よく納まるところ。

これだけ万能なプルオーバーパーカーはそうそうお目にかかれないですよ。

パーネン
パーネン
僕はプルオーバーパーカーの上からベストを重ね着するのが秋冬の定番になってるよ。

プルオーバーパーカーと組み合わせるのに重宝しているベストも紹介しています。
こちらものぞいてみて下さい。

「カーリー」定番展開はジップパーカー

上で紹介したプルオーバーパーカーはシーズンによっては展開されていないようで、毎シーズン定番として展開されているのは「ジップパーカー」になります。

(official)curly-zip-parka<引用:CURLYオフィシャルホームページ>

定番でマイナーチェンジを繰り返し、色々なポイントが改良されながらリリースされ続けています。

ジップを開けて着用したときの見え方までこだわり、キレイに見えるシルエットと無駄をなくしたシンプルなデザイン。

どんなスタイルの人が着ても上品な印象を作り出してくれるアイテムに仕上げられています。

ジップには滑らかな滑りと美しい光沢が特徴の、ブランド別注 YKK 社製 EXCELLA を使用。

とことん細部までこだわったスウェットパーカーに仕上げています。

パーネン
パーネン
「MADE IN U.S.A.」の質実剛健なスウェットパーカーとは一味違う魅力が詰まっているね。

「カーリー」通販はAmazon・楽天市場で買えないのが悩み
セカンドストリートなどで探してみるのもアリ

ここまでおすすめポイントを挙げてきましたが、ちょっとした悩みも。

それは、「Amazon・楽天市場」で取り扱いがないという点。

恐らくブランドの意向でECサイトでの販売を制限しているんだと思いますが、気軽にポチれないのは困ったもんです。

基本的には取り扱い店舗に足を運んで購入するか、その店舗独自の通販サイトを活用しないと買えない状況。

店舗独自の通販サイトは購入までに個人情報など、登録の作業が少し面倒なんですよねー。

もし、古着に抵抗がないのであればセカストなんかで「カーリー パーカー」と検索すれば、そこそこの数が出品されているので、これも1つの方法です。

価格も新品定価の半額以下で出品されていることが多いようです。

パーネン
パーネン
ちなみに僕は、ブランド古着ショップを愛用しまくります。

☞セカンドストリート オンラインストア

セカンドストリート オンラインストア

「CURLY(カーリー)プルオーバーパーカー・病みつきになる触り心地」のまとめ

curly pullover-parka hood-up

おすすめのブランド「カーリー」の紹介でした。

僕は初めてこのパーカーに出会ったとき、今までのスウェットパーカーの常識を覆すほどの衝撃を受けました。

それ程までに素材、シルエット、品質、価格のバランスが素晴らしいアイテムだと個人的に感じてます。

この記事を読んで気になった方は、是非是非、実物を触ってみて下さい。

その柔らかさに必ずやカーリーのファンになってしまいますよ‼

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

それでは、パーネンでした。(@hiro_pa911