アウター PR

TAIONインナーダウンベストのサイズ感レビュー!口コミ評価の高いダウンを他ブランドと比較してみた【おすすめ取扱店舗も】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
読者さん

防寒用にインナーダウンを買おうかと思ってるんだけど、おすすめのインナーダウンってあるかな?TAIONのダウンベストが気になっているんだけど…

こんな方に向けて、インナーダウン業界で旋風を巻き起こしている「TAION/タイオン」について詳しく紹介していきます。

書いているのはこんな人
  • アパレル販売員を経験
  • セレクトショップに20年以上通う服好き
  • ダウンアイテムは10着以上持っている
ダウン好きな
パーネンです
taion vest&pack light-up

冬コーデを楽しむためにすっかり市民権を得たインナーダウン

防寒性がありながら、もこもこと着ぶくれすることなくおしゃれができる便利アイテムですよね。

このページでは、おしゃれブランドセレクトショップからの評価も高いTAION(タイオン)のブランド詳細、実際に着たレビューやサイズ感、他ブランドのインナーダウンとの比較を紹介していきます。

TAIONのメリット

  • 価格が手ごろ
  • 保温性、機能性も充分
  • シンプルでおしゃれ
  • 種類、デザインが豊富

最初にいっておくと、他ブランドと比較してもメリットが多いので、インナーダウンを探すなら絶対に候補に入れておくべきブランドといえます。

パーネン

あえてデメリットをあげれば、人気すぎてシーズン半ばには人気カラーの欠品が多いことぐらい。

ちなみに、TAIONの公式オンラインストアで全商品が見れるので、購入をかんがえている方は必見です。

楽天市場にも公式ショップもあるので、楽天ユーザーはこちらの方がポイントも貯まってお得に購入可能。

選べる目次
  1. 【TAION/タイオンとは?】口コミ評価の高いインナーダウン専業ブランド
  2. 【TAION着用レビュー】ベーシックライン Vネックボタンインナーダウンのサイズ感や機能面の感想
  3. 【TAIONと他ブランド比較】モンベル、ユニクロ、無印と比較してみた
  4. 【TAIONの種類】ベスト・ジャケットからメンズ・レディース・キッズまで充実
  5. 【TAION取扱店舗】セレクトショップや有名ブランドとのコラボ商品も
  6. 【まとめ】TAIONはインナーダウンを探すときに要チェックな定番ブランド

【TAION/タイオンとは?】口コミ評価の高いインナーダウン専業ブランド

TAION(タイオン)はそのまんま「体温」から名付けられた日本のインナーダウン専業ブランドです。

画像引用元:https://taion-wear.jp/

低価格・高コスパなインナーダウンブランド

ブランドは2016年にインナーダウン専業として始動。

シンプルなデザインと豊富なカラー展開・インナーダウンブームで一気に人気ブランドになりました。

画像引用元:https://taion-wear.jp/

ネットや雑誌の広告にお金をかけず口コミで徐々に人気を広めて、日本国内で次々と取り扱い店舗を増やしていきました。

TAIONのウリは見ためだけではなく、価格と機能のバランスがすばらしい所。

TAIONは成熟した水鳥の羽毛を使用し、高級ブランドと変わらないダウン90%・フェザー10%という比率のダウンを採用している点も優れています。

この価格で800フィルパワーのダウンが手に入るなんてすごい

そしてダウンの良し悪しをはかる、もう1つのわかりやすい指標が「フィルパワー」。

フィルパワー(FP)とは、ダウンが持つ「かさ高さ」を表す数値。

同じ重量のダウンでどれだけの高さ(かさ)があるかを表していて、数値が高いほど空気をたくさん含んだ高品質なダウン、ということになります。

一般的なダウンが550FP程度といわれる中、タイオンでは800FP以上のダウンを使用。

パーネン

数字で見ると、良質なダウンということがわかるね。

ベーシックラインの表地には撥水高密度ナイロン生地を使用、マットな質感でナイロン独特の光沢を抑えてあります。

また、裏地にはACコーティングという羽毛の吹き出し(羽根抜け)をできるだけ少なくする工夫もされています。

taion cloth-close-up

そんな高品質のインナーダウンが5,000円程度で買えるというのは正直すごいとしかいいようがない、というのが個人的な感想。(価格は1番ベーシックなタイプの場合)

内ポケットも付いていて、インナーダウンの割に収納力も多いという優れものです。

【口コミ評価】好デザイン・暖かさ・価格の高評価が大半

実際にタイオンのインナーダウンを着ている人たちの口コミ評価はどんな感じか?

商品レビューなんかを見ると、シルエットに不満をもつ人がいるものの、SNSで見てみると概ね高評価でTAIONのコスパの良さが感じられます。

【TAION着用レビュー】ベーシックライン Vネックボタンインナーダウンのサイズ感や機能面の感想

レビューするのはTAIONの最定番「Vネックボタン インナーダウンベスト」。

taion all-vew
  • サイズ感は細くもなく太くもない普通サイズ
  • ポケットが深く、何気に便利
  • 羽根抜けはほぼ皆無

【サイズ感】細くもなく太くもなく普通でインナー使いに問題ないサイズ感

インナーダウンという割には胴回りはきつすぎず普通シルエットになっています。

そのおかげでお腹周りがきつい感覚はありません。

僕は169㎝、65kgという体型でMサイズを購入。

  • 胸・肩まわりは程よく余裕がある
  • 下にシャツやカットソーを着て問題なし
  • アウターを着ると窮屈感があるも慣れれば問題なし

ダウンの厚みや生地の質感・やわらかさは、モンベルのインナーダウンと大差がない印象です。

インナーダウンの名のとおり、インナーとして着ても着ぶくれ感はなく重宝しています。

TAIONのおかげで薄手のアウターを冬でも着れるようになり、アウターを着まわす楽しみができました。

【細かな機能面】ポケットの深さとファスナーは何気に便利

両サイドにはしっかりと深さのあるポケットが配置されています。

taion pocket

深さがあるうえに目立ちにくいコンシールファスナーがついているので、細かなモノを落とす心配もなく予想以上に便利。

ポケットがあるおかげでちょっとした羽織りにもつかえるので助かります。

【ダウンの羽根抜けは?】3年着てみたが気になるレベルでは抜けない

ダウンアイテムでよくある「羽根抜け」の悩み。

TAIONは裏地にACコーティングというダウンが吹き出しにくい生地を採用しています。

はじめて購入してから約3年、冬の間は通勤時にほぼ毎日このTAIONを着ていましたが、生地からダウンが抜けてくるというのはほぼ皆無でした。

ステッチの間から短めのダウンが抜けてくることは数回ありましたが、他のダウン製品に比べてもかなり少ない印象です。

パーネン

ダウンの弱点である羽根抜けがこれだけ抑えられるのは、かなり優秀なんじゃないかな。

付属の収納バッグはほとんど使わない

TAIONのインナーダウン製品には、折りたたんで収納できるバッグがついてきます。

taion vest&pack close-up

薄く折りたためるインナーダウンなので、収納して持ち歩けるようにと考えられたものなんでしょうが、正直、僕はこの収納バッグを使う機会はありませんでした。

パーネン

薄く折りたたんで収納できるので、このバッグはあまり活用する人はいないんじゃないかな。

ま、これはおまけ程度に考えておくといいかもしれませんね。

【TAIONと他ブランド比較】モンベル、ユニクロ、無印と比較してみた

TAIONのインナーダウンとすでに持っていた「モンベル スペリオダウンラウンドネックベスト」を比較してみます。

また、類似品でよく比較されるユニクロや無印良品のインナーダウンも参考にしてみました。

ブランド商品名フィルパワーカラバリ価格商品ページ
TAIONVネックボタンインナーダウンベスト80020色以上¥4,950詳細を見る
ユニクロウルトラライトダウンベスト640約10色¥4,990詳細を見る
無印良品ナイロン軽量ノーカラーダウンベスト7505色¥2,990詳細を見る
モンベルスペリオダウンラウンドネックベスト8005色¥9,790詳細を見る
インナーダウンベスト各ブランドの比較

【フィルパワー・暖かさの比較】暖かいのはモンベル

実際にTAIONとモンベルを着比べると数字上は同等ですが、暖かさは正直モンベルに軍配が上がります

モンベルは着ていると胸の辺りが「ポカポカ~暑い」となってくる感覚があります。

それに比べタイオンはせいぜい「ホカホカ」止まり。

ユニクロ、無印は試着した程度ですが、フィルパワーの数値を見ると上記2ブランドに劣ります。

【各ブランドインナーダウンのフィルパワー数値】

  • TAION Vネックボタン インナーダウンベスト…800フィルパワー!
  • ユニクロ ウルトラライトダウンベスト…640フィルパワー
  • 無印良品 ナイロン軽量ノーカラーダウンベスト…750フィルパワー
  • モンベル スペリオダウンラウンドネックベスト…800フィルパワー!

数字で見るとTAIONとモンベルが同等ですが、日常的に使用するインナーダウンとしてはTAIONの「ホカホカ」ぐらいでも十分ですね。

モンベルになると、屋内ではオーバースペックとも感じます。

【価格比較】TAIONの定価は約¥5,000、モンベルは2倍以上

インナーダウンの購入を考えている方にとって、価格は重要ですよね。

各ブランドの定番モデルの価格を比較してみます。

【各ブランドのインナーダウン定価(税込)】

  • TAION Vネックボタン インナーダウンベスト…¥4,950
  • ユニクロ ウルトラライトダウンベスト…¥3,990
  • 無印良品 ナイロン軽量ノーカラーダウンベスト…\2,990
  • モンベル スペリオダウンラウンドネックベスト…¥9,790

機能で優れるとはいえ、モンベルはTAIONの2倍の価格に。

これだけの価格差になると、いくら暖かいからといってモンベルにはかんたんに手は出せないですかね。

【結論】総合点ならTAION、コスパなら無印、より暖かさを求めるならモンベル

比較した4社のインナーダウンなら、価格・防寒性・カラバリのバランスを考えるとTAIONが頭1つ抜けてます。

無印良品はかなり安く暖かさも期待できますが、カラー展開と生地感が好みの分かれるところ。

値段を気にせず、より暖かさを求めるならモンベルという選択肢が良いのではないでしょうか。

パーネン

ユニクロはどっちつかずで、この中ならわざわざ選ぶ必要はないかなという印象だね。(ユニクロ関係者の方々、すいません)

比較した「モンベル スペリオダウンラウンドネックベスト」を紹介したページも参考にしてみて下さい。

【TAIONの種類】ベスト・ジャケットからメンズ・レディース・キッズまで充実

インナーダウンというだけでこんなにあるの?

というぐらい、タイオンは充実した商品ラインナップになっています。

さらに2020年以降はアウター類も充実、おしゃれダウンブランドとして地位を確立しています。

個人的なおすすめモデル

基本は3シリーズ【ベーシック、ミリタリー、シティ】

TAIONのアイテムは大きく分けて3ラインに分類されます。

  • ベーシックライン…基本的にシンプルで着まわしやすいシリーズ
  • ミリタリーライン…その名のとおりミリタリー色が色濃くでたカジュアルライン
  • シティライン…上品でキレイめスタイルに使いやすい

TAIONのアイテム数は年々増えつづけていて、2023年時点で250アイテム以上にもなっています。

特にこの3ラインのアイテムはカジュアル、キレイめスタイル、どちらにも合わせやすく、特に人気の高いシリーズとなっています。

ベーシック「Vネック/クルーネック/ハイネック」ボタンインナーダウンベスト

1番ベーシックで汎用性の高いボタンタイプのインナーダウン。

スナップボタンで開閉を調整できて、20色以上というカラバリの豊富さが魅力。

用途に応じてVネック/クルーネック/ハイネックが展開されています。

パーネン

インナーにするだけではもったいないぐらいカラーが豊富。

ベーシック「Vネック/クルーネック/ハイネック」Wジップインナーダウンベスト

こちらはジップで開閉する仕様。

Wジップになっているので、開閉の調整がしやすいのは便利ですね。

ネック部分はVネックとクルーネック、ハイネックの3タイプ展開。

パーネン

Wジップは着こなしの幅が広がって助かるよね。

インナーダウンジレ

これまで紹介したベストに比べて、よりネック部分が広くなった「ジレ」。

ビジネスシーンでスーツやジャケットのインナーに着用するのを想定していて、シングル/ダブルブレスト仕様があります。

素材やカラーも落ち着いた印象で、上品にインナーダウンを取り入れたい方に最適なモデルです。

ベーシック インナーダウンジャケット

こちらは袖のついたジャケットタイプ。

ベスト同様、クルーネックやハイネック・Wジップやボタンなど、種類豊富によりアウター使いを意識した作りになっています。

パーネン

¥5,000程度でダウンアウターが手に入るなんて、すごい時代になったもんです。

ダウンカーディガン

アウターとして使えるカーディガンタイプも登場。

インナーでも目立ちにくいようにネック部分が深めのVネックに工夫されています。

ベストでは物足りない方にはこちらもおすすめ。

リバーシブルジャケット

すっかり定番化したボア素材とダウン素材のリバーシブルまで登場!

  • インナーダウン
  • 毛足長めのボア素材

“暖か2大素材”の組み合わせは最強ですね。

ベストとジャケットタイプがあるので、お好みでえらんでみては。

TAION(タイオン)リバーシブル ジャケット

ダウンマフラー・ダウンネックウォーマー

さすが専業ブランドだけあって、小物にもダウンを使用。

マフラー・スヌード・ネックウォーマーが展開されています。

パーネン

防寒性はもちろん、見ためにも暖かい小物は重宝するね。


基本的にメンズ・レディースは同じラインナップ、キッズも充実

メンズ・レディースの展開商品は基本的に同じデザインに。

ただ、シルエットやボタンの合わせ、カラー展開が若干変わっています。

中にはユニセックス展開の商品もあり、夫婦やカップルで兼用できるのもメリットです。

定番アイテムならキッズもほぼ同デザインのアイテム。

商品ラインナップは公式オンラインショップ楽天公式オンラインストアが1番充実しているので参考にしてみて下さい。

足元にダウンタイプの靴を持ってきて見ための暖かさを演出するのも冬コーデのテクニック!

【TAION取扱店舗】セレクトショップや有名ブランドとのコラボ商品も

taion vest&pack light-up

これだけデザインも良くて価格も手頃なタイオン。

公式オンラインショップや楽天公式サイトがおすすめ

年を追うごとに種類やカラーが増えてきたTAION。

購入をかんがえるなら、公式オンラインショップや楽天の公式サイトがおすすめです。

種類豊富でカラーも充実しているので、まずはチェックしておいた方がいいでしょう。

セレクトショップや人気ブランドとの別注モデル、コラボモデルも

やはりセレクトショップや有名ブランドのバイヤーも注目しています。

2016年創業のブランドながら、ユナイテッドアローズやコーエン、シップスといった有名どころからの別注が目立ちます。

毎シーズン、人気ブランドやショップとのコラボが増えているのはTAIONが各方面から認められている証拠といえるでしょう。

もともと商品のクオリティーがしっかりしているので、生地やボタンのカラーを変えた別注商品が多い印象。

パーネン
パーネン

人気ブランドの別注やコラボは人気で買えないことも多いので、メルカリで探すのも手です。

【まとめ】TAIONはインナーダウンを探すときに要チェックな定番ブランド

TAION(タイオン)の比較をしていると、いかにコスパに優れたインナーダウンかということが再確認できました。

僕は仕事で屋外に出ることが多いので”仕事用”として購入しました。

でも、これほど種類も豊富で使いやすいなら、普段つかいにもう1,2枚買い足してもいいかなと考えてます。

それぐらいおすすめのインナーダウンなので、お気に入りのカラー・サイズが売り切れる前にチェックしてみて下さい。

↑TAIONの商品ラインナップに戻る

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

それでは、パーネン(@hiro_pa911)でした。

RELATED POST
カバーオールおすすめメンズブランド5選!アメカジで活躍する定番ワークジャケット・サムネイル画像 アウター

カバーオールおすすめメンズブランド5選|アメカジに最適な定番ワークジャケット

2020年2月29日 パーネン
https://hiropablog.com/wp-content/uploads/2023/03/hiropablog-logo4.png 元靴屋の服靴ブログ|30代からのメンズファッションブログ
カバーオールが気になっている方、必見!流行に関係なく愛されるアメカジアウター・カバーオール。20代から40代、50代まで、年齢に関係なく、 …
パタゴニア レトロX アイキャッチ画像 アウター

【真冬も大活躍】パタゴニアレトロXのサイズ感や暖かさをレビュー!2022年の人気色も解説

2018年8月17日 パーネン
https://hiropablog.com/wp-content/uploads/2023/03/hiropablog-logo4.png 元靴屋の服靴ブログ|30代からのメンズファッションブログ
このページでは、毎シーズン売り切れ必至、争奪戦になるほど大人気のパタゴニア・レトロXのレビューを紹介します。 シーズン毎にカ …
【メンズダッフルコートの定番ブランド3選】サムネイル画像 アウター

【メンズダッフルコートの定番ブランド3選】大人な1枚を選ぶならイギリス御三家!

2021年12月15日 パーネン
https://hiropablog.com/wp-content/uploads/2023/03/hiropablog-logo4.png 元靴屋の服靴ブログ|30代からのメンズファッションブログ
読者さん ダサくないダッフルコートってどこのを選べばいいんだろう?メンズでダッフルコートを探すのにおすすめのブランドってあるかな?  …