スニーカー

PUMA(プーマ)スウェード クラシック・着用レビュー|名作スニーカーのサイズ感や履き心地を徹底解説

読者さん

プーマの定番スニーカー・スウェードクラシックが気になるんだけど、履き心地とかどうなんだろ?あまり履いている人もいないけどサイズ感とかも知りたいな。

こんなお悩みを解決します!

書いているのはこんな人
  • 元大手靴屋の店長を経験
  • 持っている靴は50足以上
  • スニーカーはクラシックなローテクが好き
元靴屋の
パーネンです

数あるスニーカーブランドの中でも根強い人気のPUMAプーマ)。

そのプーマの中でも、ブランドを代表するモデルがスウェードスエードクラシック

シンプルなデザインとベーシックなシルエット、サイドのプーマラインが特徴の定番モデルです。

今回はスニーカーフリークも注目するプーマ・スウェード クラシックのサイズ感カラー展開などの詳細を掘り下げていきます。

こんな方に読んでもらいたいです

  • プーマのスニーカーを探している方
  • シンプルで履きやすいスニーカーが欲しい方
  • プーマ・スウェードのサイズ感やカラー展開について知りたい方

【誕生から50年を超えるプーマ・スウェード】歴史や特徴、そのカラー展開

プーマはウェアやギアまで揃った、世界でも有数のスポーツブランドです。

スニーカーのラインナップも豊富にそろえていますが、その中でもブランドを代表するモデルの1つ、
それがスウェード クラシック

プーマスウェードクラシックの歴史

1968年にバスケットシューズとして生まれて以降、プーマの中でも不動の人気を誇ります。

上質なスウェード素材をメインに、アイコンであるプーマラインがサイドに配されているシンプルデザイン。

後から説明しますが、1人のバスケットボールプレイヤーによって、世界中にその存在が知れ渡りました。

また、音楽業界やストリートシーンからの支持も高く、世界中で愛されるモデルへと成長していくことになります。

パーネン
パーネン
プーマ・スウェードといえば「ビースティーボーイズ」のメンバーが履いていたのが有名だね。スケーターからの人気も高いよね。

ブラック、ネイビー、レッド…とにかくカラーと種類が豊富

どんなシーンにも合うシンプルデザインが特徴のプーマ・スウェード クラシック。

そして、このモデルの1番の特徴はカラーバリエーション

毎シーズン、様々なカラーが展開され続けています。

スウェードアッパーとプーマラインの2色を組み合わせたカラーバリエーションは相当な数になります。

パーネン
パーネン
僕も今まで5足ほど、カラーを変えて履いてきたよ。これはその中の1つだよ。

そんな中でも圧倒的な人気を誇るのが「ブラック×ホワイト」のパターン。

どんなシーンにも履くことができるモノクロカラーが1番人気です。

他にも「ネイビー×ホワイト」・「レッド×ホワイト」など、プーマラインにホワイトを採用したカラーの人気が高いですね。



カラーと太さがちがう2本のシューレースで雰囲気が変えられる

プーマ・スウェード クラシックは本体カラーとプーマラインカラーに合わせた2色のシューレースが付きます。

1つは一般的な細身のシューレース。
もう1つはかなり太めのファットシューレースです。

気分に応じてカラーを変えてみたり、カジュアルな雰囲気を出すのにファットシューレースを使うのもお好みで。

パーネン
パーネン
特にスケーターの人たちには、太めのシューレースが好まれるよね。

さらに、最近ではプーマラインをスウェード以外の素材で商品化されることもあります。

ナイロン素材やスワロフスキーを散りばめたモデルまで。

シンプルなデザインゆえに、カラーや素材で遊べるのも、定番モデルの魅力ですね。

パーネン
パーネン
ブラックベースにスワロフスキーのラインは、思ったより悪目立ちしないので女性におすすめかも。

メンズはもちろん、レディースサイズも展開【キッズモデルも】

プーマ・スウェード クラシックは基本的にメンズサイズの展開が充実しています。

レディースサイズも展開されてはいるものの、サイズ欠けが多い印象

逆にレディースでは、別注変わり種のスウェード クラシックが充実しています。

有名デザイナーやアーティストとのコラボモデル、厚底やリボンを取り入れたモデルなど、レディースならではなデザインが豊富に揃っています。

また、キッズサイズのスウェード クラシックでも、有名なキャラクターとのコラボモデルが充実するなど、子どもはもちろん大人でも選ぶのが楽しくなるようなスニーカーがそろっています。

特にレディースやキッズは、プーマオンラインストアが充実しているので、ぜひチェックしてみてください。

【プーマ公式】限定商品やコラボアイテムを多数販売中!

パーネン
パーネン
家族みんなで「スウェード クラシック」のリンクコーデをしてみるのもいいね。

【プーマ・スウェードクラシック】サイズ感とサイズ選びのコツ

スポーツシーンでの人気も高いスウェード クラシックですが、サイズ選びは慎重にしてもらいたいです。

サイズ感は小さめ、サイズ選びは1㎝程度大きめが目安

スニーカーを上から見ると少しボリュームのあるフォルムに見えますが、けっこう細身な作りになってます。

ぴったりすぎるサイズを選ぶと、特に甲のサイド部分が当たってキツイ印象です。

パーネン
パーネン
僕は足の実寸26.5cm・足の型はごく普通な足型で、スウェード クラシックは27.5cmを選んでぴったりかな。

好みにもよりますが、実際の足のサイズからプラス1cmがサイズ選びの基準です。

これはあくまで目安です。
足の型や履き心地の好みは個人差があるので、必ず試着してご自身で判断してください。

大きめサイズを選ぶメリット

また、わざとオーバーサイズを選んで靴ひもをギュッときつく締めて履く方が多いのもスウェードクラシックの特徴です。

あまりぴったりすぎるサイズだとスニーカーの羽根部分が開いて、少しブサイクな見ためになってしまいがち。

ただ、デカ履きがカッコいいからといって大きすぎるのも考えもの。

最後はしっかりとご自身で履きやすいサイズ選びをしてください。

パーネン
パーネン
ギュンギュンにひもを締めたスウェード クラシックもカッコいいんだよねー。

【プーマの名作】スウェードクラシックとクライドの違い

スウェード クラシックを調べていると、必ずといっていいほど出てくるのが「クライド」という単語。

このクライドというモデルについて、スウェードとの関係や違いについて紹介していきます。

「クライド」とはNBA往年の名選手

1970年代にニューヨーク・ニックスで活躍した「ウォルト・フレイジャー」、彼の愛称が「クライド」です。

プーマ・スウェードを愛用していた彼のために、1973年にシグニチャーモデルとして登場したのが「プーマ クライド」です。

スウェードをベースに、履き心地や木型を調整したモデルになります。

コート内外を問わずクライドを愛用した彼のおかげで、スウェードとクライドは世界中で人気を博すことになりました。

見た目にほとんど変わりのない両モデルですが、次のような見分け方があります。

スウェード クラシックとクライドの違い
ヒールのプーマキャットとモデル名のプリント

1番わかりやすいのがヒール部分。

ヒールカウンターのトップ部分を見ると簡単に見分けがつきます。

  • プーマキャットのロゴがあるのが「スウェード」
  • プーマキャットのロゴがないのが「クライド」

もう1つわかりやすいポイントがサイド部分のモデル名のプリント。

  • スウェードは楷書体で「SUEDE」
  • クライドは筆記体で「CLYDE」

どちらの見分け方も、機能的に・ファッション的にどうこうという問題ではないですが、スニーカーにこだわる方は知っておきたいポイントですね。

厳密にいうと、ラストが違うなど見分けるポイントは他にもありますが、もうそこは完全にマニアの世界

これまでも数回の復刻を果たして、そのたびに人気を博した「プーマ・クライド」はスニーカー好きなら一見の価値があるモデルです。。

パーネン
パーネン
今、市場に流通しているのは2016年に復刻されたモデルが中心かな。マイサイズで気に入ったモデルがあればポチってみては。

【まとめ】PUMAスウェードクラシックは1度は履いてみたい名作スニーカー

調べれば調べるほど、いろいろなカラーバリエーションやコラボモデルが出てくるのがプーマ・スウェード クラシック。

50周年を迎えた2018年は特に種類豊富に展開されていたタイミングなので、気になったモデルを早めにチェックしておいてくださいね。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。

それでは、パーネン(@hiro_pa911)でした。