お役立ち情報

「この靴、におう?」元靴屋が【安く・簡単】に臭いを取るおすすめ対策教えます

shoes-smell-solution eyecatch
読者さん
読者さん
この靴、におうんやけど…
読者さん
読者さん
玄関のこもった臭いを何とかしたいな…

どうも、元靴屋のパーネン(@hiro_pa911)です。

1日中履いたときの臭い、玄関に入った瞬間のイヤな臭い…

誰もがすぐに解決したいお悩みですね。

今回は元靴屋の経験を活かして、靴や玄関がにおう時に【安く・簡単】に臭いを取る方法や、臭いを予防するおすすめ対策を教えます。

こんな方に読んでもらいたいです
  • とにかく靴の臭いが気になる方
  • なるべく手軽に玄関の臭いをなくしたい方

臭い同様、靴のお悩みを解決する方法を紹介した記事もあります。
こちらも参考にしてみて下さい。

shoes-foo trouble eyecatch
幅広で合わない、靴ずれが痛い…靴のお悩み別「解決方法・予防アイテム」を元靴屋が徹底紹介におい、幅広、靴ずれ、偏平足…靴と足でこんな悩みを抱える方は多いんじゃないでしょうか?この記事では元靴屋が、足のお悩み別に解決方法やアイテムを紹介しています。安価かつお手軽に対処できる方法ばかりなので、困っている方はぜひ参考にしてください。...

靴の臭いの原因は「細菌」と「湿気」‼
「除湿・除菌」対策が重要

dirty-shoes臭いを抑えるには除菌

気になる靴の臭い、その発生原因は「細菌」。

靴の中で汗や汚れを栄養にする細菌が増えるとにおうようになります。

そして、細菌が増えやすいのが湿気の多い高温多湿な環境。

つまり、汗をかいて温度も高くなる靴の中は細菌にとって最高に居心地のいい場所なんです。

パーネン
パーネン
これなら靴の中がにおうのは、ごくごく当たり前の話だね。

「細菌が繁殖しにくい環境にしてあげる」

なので、靴がにおわないようにするには「除湿」と「除菌」が大切。

靴の除湿と除菌ができれば、靴の臭いはかなり改善されるようになります。

「靴のにおい対策」安全に安く・簡単にできる方法

ここからは、安く簡単にできる「靴のにおい対策」をお知らせします。

どれも気軽に安全にできる対策なので、この記事を見たら早速始めてみてください。

同じ靴を毎日履かない
3足程度の靴を履きまわす

2-converse-shoes理想をいえば3足以上で履きまわしたい

足の裏は1日でコップ1杯分の汗をかくといわれています。

それだけの汗を吸い込んだ靴を毎日履いてたら、靴の中は乾くヒマもないですよね。

これを解決するために、同じ靴を毎日履かないようにしてください。

最低でも2足、理想をいえば3足以上の靴を履きまわして、1日履いたら1日以上は休ませてあげましょう。

これだけで靴の中の湿気はぐっと少なくなりますし、靴の”持ち”も断然よくなります。

最初に数足買うのはお金がかかりますが、数年スパンで考えると断然、経済的ですよ。

僕は仕事用の靴として、脱ぎはきが比較的かんたんなデッキシューズ2足とローファー1足を常に履きまわすようにしています。

3足を履きまわすようにしてから、もう5年以上仕事用の靴を購入していないぐらいです。

2足でも、毎日履くよりはマシですが、やはり元靴屋の見解としては3足以上は履きまわしてもらいたいですね。

10円玉を入れる・アルミホイルを入れる

10yen-coins10円玉をいれるだけで効果が

金属イオンには殺菌作用があります

有名なところでは、「銅イオン」「銀イオン」ですかね。

金属イオンの殺菌効果で臭いの元となる細菌を抑えます。

  • 10円玉を片足に5枚程度入れておく
  • 丸めたアルミホイルを入れておく

こんな簡単な方法、身近にある金属でも十分効果があるのでおすすめです。

学生時代のお金に余裕がなかったときに、実践してある程度の消臭効果を体感していた方法になります。

パーネン
パーネン
靴の中に入れていた10円玉で支払うときは少し罪悪感を感じたね…

玄関・下駄箱の風通しをする

knocker-opening風通しを良くしてあげると臭い対策に

ここまでは靴への対処法を書いてきましたが、ここからは保管について書いていきます。

靴の中の除湿が大事だといいましたが、靴を保管する場所の除湿もしていきましょう。

玄関や下駄箱をあけたときにムッとした臭いがしたことありませんか?

それはすでに細菌が繁殖している証拠です。

手軽に改善する方法として「風通し」をしてあげてください。

1分程度の風通しで、玄関や下駄箱にたまった湿気や細菌がぐっと減ります。

毎日は無理でも、週に1回ぐらいの頻度で継続すると、こもった臭いも徐々に減っていきますよ。

水とりぞうさんを使う

こちらも保管場所の除湿が目的です。

水とりぞうさんと書きましたが、要は除湿剤ならなんでもいいです。

わが家では、2畳ほどのシューズクローゼットに550㎖の水とりぞうさんを1個置いています。

1年ほど経つと容器いっぱいの水が溜まるほどの効果が

僕の靴の多さのせい(100足近く)でシューズクローゼットにびっしりと収納しているのも影響しているかもしれませんが(汗)

これだけの湿気が靴にこもっていたら、と想像すると除湿剤は必須ですね。

ちなみに、水とりぞうさん 下駄箱用という、場所を取らない下駄箱専用のものも販売されています。

シューズクローゼットなら”普通”の「水とりぞうさん」
下駄箱なら”下駄箱用”の「水とりぞうさん」
を選べば問題ないでしょう。

パーネン
パーネン
奥さまにはいつも靴が多いことで文句を言われてるよ…

靴を陰干しする

brown-shoes 直射日光の当たらない場所で陰干しが効果的

これも靴にこもった湿気を取り除いてあげるのが目的です。

天気のいい日中に、日陰で風の通る場所にしばらく置いておくと、靴の中の湿気も臭いもとれていきます。

あまり長いあいだ放置しすぎると夜露で逆に湿気を吸ってしまうので、太陽の出ているあいだにしまってあげましょう。

陰干しをするのに特に効果的な時期が、梅雨があけてからしばらく経ったころ

梅雨時期にこもった湿気をなるべく早い時期にとってしまいましょう。

特にそのまま暑い時期になると、冬用のブーツや革靴はしまったままの状態になりがちでカビやすくなるので、率先して陰干ししてあげてくださいね。

あとは1シーズンに1回程度陰干ししてあげれば、靴の臭い対策もできて靴も長持ちするようになりますよ。

パーネン
パーネン
僕は1度、油分の多いレッドウィングのブーツの表面にカビが生えていたことが…
それからは必ず陰干しをするようになったよ。
redwing lineman eyecatch
「レッドウィング・ラインマンブーツ」おすすめモデルをレビュー。ベックマンとの比較も世界中のワークブーツファンから高い人気を得る「REDWING(レッドウィング)」。今回はレッドウィングの中でも個人的におすすめする「ラインマンブーツ」を紹介します。人気のベックマンとの比較、経年変化やお手入れについてもレビューしていきます。...

靴のにおい対策グッズを利用すれば手軽により効果的に臭いが消せる

ここまでは「手軽に・安価にできる」臭い対策を紹介してきました。

ただ、これまで紹介した方法だと消臭効果が十分でなかったり、持続しなかったりすることも。

やはり、そういう場合には「消臭専用グッズ」を使うことをおすすめします。

多少のお金はかかりますが、効果と手軽さを考えれば使わない手はないはず

ここからは、特に元靴屋の僕がおすすめするグッズを中心に紹介していきます。

靴用消臭スプレーを履く前・履いたあとに使う

やはり靴内の臭いをとるには、靴用の消臭スプレーをつかうのが手軽で効果的です。

殺菌・除菌効果の高いスプレーが一般的になってきていますね。

その中でも、このドクターショール 消臭・抗菌 靴スプレー は、即効性もあり効果があると評価の高い消臭スプレーになっています。

履いたあとはもちろん、履く前にスプレーすることで臭いが軽減されるのでおすすめですね。

パーネン
パーネン
スプレーしてから1~2分おいて履くと、スプレーが靴内に行きわたって効果的だね。

木製シューツリー(シューキーパー)・靴用除湿剤を使う

靴を履いたあとに、除湿効果のあるシューツリーや除湿剤を靴の中に入れる方法もおすすめです。

特に木製のシューツリーは1度購入すれば何年も使用できるうえに、靴のしわ伸ばしや型くずれを防ぐ効果もあります。

レッドシダー製のものが代表的で、多くのメーカーから販売されていますね。

高いものになると1万円近くするものもありますが、2,000円台の商品でも十分です。

履いたあとにサッと靴に入れるだけの簡単な作業で、靴も長持ち・臭いもとれて一石二鳥。

靴のためにもぜひ使ってあげて下さい。

パーネン
パーネン
安いからといって、樹脂製のシューツリーは避けた方が無難だね。

怪しげな白い粉(グランズレメディ)を使う

怪しげな白い粉」なんて書きましたが、れっきとした靴の消臭グッズなのでご安心を。

この「グランズレメディ」はニュージーランドで20年以上もロングランを続ける、天然成分の消臭グッズです。

使い方は簡単。

付属のスプーンに片足1杯ずつのグランズレメディを振り入れて、つま先まで全体に行きわたらせるだけ。

「1日履いたら1杯入れる」を繰り返せば、数回で消臭効果を実感できるはずです。

デメリットは白い粉が靴下に付くこと

これも履いているうちに靴になじんで解決するので、大した問題じゃないですけどね。

グランズレメディを詳しく解説した公式サイトがあるので、もっと知りたい方はサイトをのぞいてみて下さい。

パーネン
パーネン
ちょっと値段は張るけど、費用対効果は抜群だね。

🔗グランズレメディ公式ページ

専門業者に靴のクリーニングをしてもらう

読者さん
読者さん
消臭スプレーやグッズを使っても、なかなか臭いが取れないよ~

そんな方には、専門業者による靴のクリーニングをおすすめします。

専門業者ならではの経験と技術で、臭いのもととなる汚れや雑菌を取り除きます。

創業から40年以上の歴史をもつ「職人工房」なら手作業での丸洗いはもちろん、除菌効果の高い「オゾンリフレ」での処理も。

丸洗いとオゾンリフレを組み合わせれば平均除菌率96.6%と、さすがプロといえる除菌効果で靴の臭いを取ることができます。

値段は1足¥3,500~とそこそこしますが、除菌効果はばつぐん‼

除菌だけではなく、キズや擦れの補修サービスもあるので、

読者さん
読者さん
お気に入りのこの靴、もう一度きれいにして履きたいな~

と、こんな方にもおすすめのサービスですね。

「職宅便」と呼ばれる、配送業者が自宅まで取りに来てくれるサービスもあるので、わざわざお店に持ち込む手間がかからないのもポイント。

☞「職人工房」靴クリーニングの料金表を見てみる



「この靴、におう?元靴屋が【安く・簡単】に臭いを取るおすすめ対策教えます」のまとめ

元靴屋が実践している、「安く・簡単に」靴の臭いをとる方法をお伝えしました。

消臭グッズも当初の費用がかかるだけで、長い目で見れば絶対につかう価値はあります。

普段からのちょっとした心がけで臭いも防げるうえに、靴自体の寿命も伸びるのでぜひ試してみて下さい。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

それでは、パーネン(@hiro_pa911)でした。