パンツ、ショーツ

OR SLOW(オアスロウ)・服好きを唸らせるおすすめパンツの数々

orslow pants-eyecatch
パーネン
パーネン
どうも、アメカジ大好きなパーネン(@hiro_pa911)です。

今回は服好きの方たちに人気の高いブランド「 ORSLOWオアスロウ)」を紹介していきます。

デニムやミリタリーなど、どのアイテムにもこだわりがある中で、特に秀作揃いなおすすめパンツを並べてみました。

熱のこもった製品作りを続ける、今や日本を代表するファッションブランドとなったオアスロウの歴史や特徴も紹介していきます。

こんな方に読んでもらいたいです
  • カッコいいデニムパンツを探している方
  • オアスロウについて詳しく知りたい方
  • オアスロウの購入を考えている方

ORSLOW/オアスロウとは?ブランドの歴史と特徴を紹介

orslow billy-jean tag

オアスロウとは2005年に立ち上げられた、「MADE IN JAPAN」にこだわるデニムブランドです。

ジーンズ以外にもスウェットやアウター類など、素材にこだわったモノづくりを続けています。

デザイナー・仲津一郎氏とブランド名

オアスロウのデザイナー・仲津一郎氏は幼少の頃にデニムの色落ち具合を見て、ジーンズに魅了されていきます。

国産デニムの聖地・岡山県児島にてデニムメーカーに就職し、ジーンズ作りのノウハウを学びました。

そして、独立して自身のブランド「 OR SLOW (オアスロウ)」を設立。

「オリジナリティ( ‘OR’IGINALITY )のある服を吟味し、ゆっくり( ‘SLOW’ )と進みながら自分らしさを見つめ直していく」

世のなかにたくさんの服があふれる中、誠実なモノづくりへの精神がブランド名にも隠されています。

ヴィンテージへのこだわり

デザイナー自身が超デニムマニアで、色落ちや織り方を知るためにヴィンテージデニムを解体し、糸の状態や細さまで研究するほどの拘りぶり。

着るためではなく資料用に、と収集したヴィンテージデニムはひと部屋分になる程。

自ら集め歩いた、現在では製造されていないデニム用工業ミシン数台をメンテナンスしながら、オアスロウの製品作りにも活用されています。

糸や生地はもちろん、製品づくりのための器具にまでこだわることで、ヴィンテージと遜色のない逸品が生み出されているんですね。

パーネン
パーネン
「ユニオンスペシャル」というミシンで裾上げされたパンツは最高のパッカリングを見せるね。

「ORSLOW/オアスロウ」こだわりの生地への評価・口コミ

painter-pants orslow-front-up

ベーシックウェアを作り続けるブランドだけあって、参考とする服は昔からある定番服ばかり。

ジーンズ、ミリタリーパンツ、チノパン…

アメカジコーデには欠かせない定番服がラインナップの中心です。

使われる生地にもブランド独自のこだわりが。

リジッドデニム(生デニム)

オアスロウが最もこだわっていると言っても過言ではない「デニム」。

その中でダメージ加工やウォッシュ加工がされていないものがリジッドデニム(生デニム)です。

自分だけの色落ちを楽しみたい人は、じっくりと育ててみて下さい。

色落ちの仕方はさすが「オアスロウ」と唸るほど。

ワンウォッシュデニム

デニムに洗い加工を施したものがワンウォッシュです。

名前の通り1度洗ったデニムで、若干青みがかった色味と柔らかくクタっとした感触が特徴。

手っ取り早くデニムを履きならしたい、という方はこちらを。

パーネン
パーネン
僕のペインターパンツはワンウォッシュから育てたよ。

バックサテン・ヘリンボーン・ヒッコリー生地

生地へのこだわりは、ミリタリーウェアのバックサテン生地やワークウェアなどに使用されるヘリンボーン生地・ヒッコリ-生地にも。

織り方や糸の打ち込み具合までも考慮されて、ヴィンテージ同様のアタリや色落ちを再現してくれます。

数年ほど着倒したオアスロウの服なら、ヴィンテージウェアと見分けがつかない程で、エイジングが楽しめる素材使いが魅力。

「ORSLOW/オアスロウ」おすすめの定番パンツを一挙紹介

ここからは、こだわりのオリジナル生地を使用したオアスロウの中でもおすすめの定番パンツを紹介していきます。

ヴィンテージデニムがモデルになった定番「スタンダード 105」

まずはオアスロウの定番オブ定番、「スタンダード 105」。

5ポケットジーンズの定番ストレートです。

リーバイス501を参考にした、細すぎず太すぎないどんな場面にも履き回しやすい1本

ボタンフライや2色ステッチなど、ヴィンテージデニムのディティールを周到しながら、ブランドオリジナルのデニムで他にはない色落ちを楽しめます。

アイビーの名が冠された人気品番デニム「アイビーフィット 107」

105からの進化系として、2009年からオアスロウの定番となった「アイビーフィット 107」。

105に比べ細身なスリムストレートのシルエットでジッパーフライを採用。

1960年代・アメリカ東海岸のアイビーリーガーをイメージして企画されたモデルです。

すっきりしたシルエットで、上品なジーンズスタイルを作れます。

パーネン
パーネン
僕はこの「107」のワンウォッシュが気になっていて、次買うデニムはこれにしようと考えてるよ。

ブランドの本気度を感じる「ペインターパンツ」

painter-pants orslow-back

9オンスのオリジナルライトオンスデニムを使用した「ペインターパンツ」。

リベットやポケットの形状などオアスロウ独自に解釈し、履き込むことでヴィンテージに負けない風合いを出してくれます

少し青みがかった色落ちをしてくれるデニムは、他社のペインターパンツでは出せない雰囲気に育ってくれますよ。

パーネン
パーネン
僕が持っている1本はかなりいい感じに育ったので、そろそろ2本目を検討中。

ワークパンツを独自に解釈「フレンチワークパンツ」

1960年代にヨーロッパで生産されていたワークパンツがモチーフの「フレンチワークパンツ」。

ボタンフライを採用し、ウェストの後ろ身頃にはゴムが使用されていて履きやすい1本。

太めのシルエットながら、裾に向かってテーパードしているのでラフになりすぎない、非常に履きまわしの効くパンツです。

少し薄手のヘリンボーンツイルで、定番で生成りとブルー、シーズンによって別注や別素材が展開されています。

男性でも女性でも楽しめるサイズ展開になっているのが、このモデルの特徴。

隠れた名品テーパードパンツ「ビリージーン」

orslow billy-jean all

1980年代、あのマイケルジャクソンが「ビリージーン」のビデオクリップで履いていたパンツにインスパイアされた、その名も「ビリージーン」。

独特なツータックにしっかりと絞られたテーパードラインが特徴の1本。

とはいえ、1930年代のトラウザーのディティールや縫製仕様を取り入れるなど決して奇抜な印象ではなく、むしろカッチリとした印象。

素材はチノクロスが定番で、シーズンによっては別素材でも作られることも。

若干、仕様を変えながら、メンズとレディースで展開されています。

パーネン
パーネン
僕はライトデニムのビリージーンを持っていて、かなり重宝しているよ。

ミリタリーの定番「アーミーファティーグパンツ(ベイカーパンツ)」

2006年の登場以来、マイナーチェンジを繰り返しながらブランドの顔ともなった「アーミーファティーグパンツ」。

アメリカ軍のファティーグパンツをモチーフにした、いわゆる「軍パン」ですね。

糸の段階からオリジナルで作った、サテン生地の裏側を表に使用したミリタリーの定番「バックサテン」生地を採用。

履きつづければ、オリジナルのヴィンテージとも見分けがつかないほどの経年変化を楽しめるはずです。

太めのシルエットですが、同素材・同デザインの「スリムフィット」モデルも展開されていて、人気を博しています。

パーネン
パーネン
今ならキレイめなコーデにも使える「スリムフィット」が人気かな。

ブランド初期からの定番「ユーティリティパンツ」

ブランド初期から継続的に発表されている「ユーティリティパンツ」。

アメリカ海軍の作業着をモチーフにして企画されました。

ペインターパンツと同様のブランドオリジナルのライトオンスデニムを使用しています。

デザインはファティーグパンツに似ていて、シンプルで大きなポケットが前後に配されているのが大きな特徴

他のブランドでは見られない、シンプルで履きやすいオアスロウらしい1本といえますね。

今なら逆に新鮮「オーバーオール」

ディティールまでマニアックにこだわった「オーバーオール」も今着れば、新鮮に映りますね。

1940年代のヴィンテージにインスパイアされ、第二次世界大戦頃に採用されていた月桂樹ボタンにまでこだわったモデル。

9オンスのオリジナルライトオンスデニムを使用していて、見ためほど重くないのもありがたいポイント。

これ1本でも雰囲気のある着こなしが完成する上、男女兼用でサイズ展開されているのも嬉しいですね。

今や古着屋でもなかなかお目にかかれないアイテムを作るあたり、さすがオアスロウといった感じです。

「ORSLOW(オアスロウ)・服好きを唸らせるおすすめパンツの数々」のまとめ

数々の名品が作られているオアスロウ。

その中から、定番的に展開されているおすすめパンツを取り上げてみました。

僕も生地を書きながら、物欲がふつふつと沸いてくる秀作ばかりでしたね。

色落ちやアタリの出方など、経年変化にもこだわったブランドなので、パンツ探しの参考にしてみて下さい。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

それでは、パーネンでした。(@hiro_pa911

Amazonでお得に買う方法

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)してから購入するのが断然お得。

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります‼

Amazonギフト券画像
パーネン
パーネン
Amazonプライム会員なら活用しないともったいないよ。

\ 今すぐCHARGE /

☞Amazonギフト券をチャージする

  • コンビニ・ATM・ネットバンクが対象
  • 1円単位で必要な分だけチャージもOK
  • パーネンのおすすめパンツ・ショーツ
    recommended pants

    僕は20年以上、カジュアル・キレイめ問わず、いろいろな服を購入してきました。
    服バカな僕がおすすめする、こだわりのパンツ・ショーツたちを紹介します。