MENU
サンダル・その他靴

Chaco/チャコのサンダルは重い?サイズ感や履き心地、種類について解説します

CHACO アイキャッチ画像

夏といえば、
海‼
川‼
BBQ‼

そして友だちや子供と一緒にプールや公園へ。

そんなシーンで大活躍するのが今回ご紹介する「Chaco/チャコ」のサンダル

パーネン
パーネン
どうも、夏はサンダルばっかりなパーネン(@hiro_pa911)です。

「Chaco Z1」を普段から愛用している僕が、サイズ感やサイズ選びのコツ、履き心地、種類豊富なバリエーションなどについて紹介します。

こんな方に読んでもらいたいです。
  • Chacoのサンダルを買おうか迷っている方
  • Chacoを買いたいけどサイズで悩んでいる方
  • 履き心地や履いた感想が知りたい方

「CHACO/チャコ」Z1はサイズ調節が簡単
1本のストラップでバツグンのフィット感

CHACO アップ画像ストラップを引っ張るだけで簡単にサイズ調整ができて便利

Chaco Z1は裸足ではくのはもちろん、ソックスをはいたままでも脱ぎ履き楽チン、夏の間は玄関にこの一足があれば事足ります。

ぐるっと足を覆うようになっているストラップは、ソールの中で一本に繋がっていて、それがこのサンダルのアッパー部分のデザインにもなっています。

バックル部分を調節するだけで簡単に足にフィット。

調節は簡単なのにちょっとやそっとでは緩む事もなく、川遊びやキャンプシーンにピッタリです。

また、かかと部分は独立したストラップになっており

「こんなストラップでこんなにしっかりとフィットするの?」

というぐらいカカトがすっぽりハマって、心地よいフィット感を体感できます。

チャコのサンダルはサイズが大きめな作りになっている
サイズ選びで悩むなら、1サイズ小さめを選ぶと◎

CHACO 全体画像全体的に作りは大きめになっている

フィット感がよいといっても、それは最適なサイズがあっての話。

実際、チャコのサンダルを購入している人はサイズ選びで後悔している人も多いようです。

ざっくり言うと、表記サイズより大きい‼

チャコのサンダルは1インチずつのサイズ展開になっています。

僕は足の実寸26.5cmで、

US9(27cm)では余裕で大きすぎる。
1つ下のUS8(26cm)で少し大きめ。
かといってUS7(25cm)ではピッタリすぎてキツイ、というサイズ感。

結局、ソックス着用のまま履くこともあるかなと考えてUS8(26㎝)にしました。

裸足で履くとやはり少し大きい感じは否めませんが、ストラップを調整したら全く問題ないサイズ感。

数年はいた感想としてはこのサイズにしておいて良かったな、という感想です。

パーネン
パーネン
サイズで悩んでいる方は、普段はいているスニーカーのサイズより1サイズ小さいサイズを選ぶといいですよ。

チャコのサンダルを使ったおすすめコーデは?
靴下と合わせたおしゃれな履き方で人より一歩リード

チャコのようなスポーツサンダルをコーデに取り入れるとき、ぜひおすすめしたい履き方を教えます。

それは、靴下と合わせたコーデ‼

今や、サンダルと靴下コーデはそんなに珍しいものではないですが、まだまだ実践している人は少ないと感じます。

特にチャコのサンダルなら、
ミックス柄ソックス・タイダイ柄ソックス・ナチュラルカラーソックス
なんかが相性ばつぐん。

靴下と合わせれば、春~秋ごろまで履きまわせるので、コーデの幅も広がっていい事づくめです。

パーネン
パーネン
靴下とのコーデは、慣れるまで恥ずかしい感覚がありますが、見慣れてしまえば楽しくなるよ。

チャコのサンダルは重くて丈夫なソールで交換いらず
2016年以降ビブラムソールからチャコグリップに変更

CHACO 靴底画像 真ん中にある黄色いロゴがビブラムの証。現行品は自社ソールに変更

僕のZ1は磨耗に強いことで有名なビブラムソールを使用しています。

ちょっと言い過ぎかもしれませんがソール交換をする必要がない、といえるぐらい頑丈すぎるソールです。

2016年頃から、自社で開発した「Chaco grip/チャコグリップ」と呼ばれるアウトソールが採用されました。

そのため、現行モデルではこの「ビブラム」ロゴは見られないですが、耐久性は遜色ないレベルです。

どちらにしろアウトドアで使用するのに十分な品質であることは間違いないですね。

自分は約3年履いてますが、このようにほぼすり減ってない状態です。

そして、この丈夫なソールが重いんです。

確かに重いんですが、それは手で持ったときの話。

実際に履いて歩いてみると、この重さが振り子の役割をしてくれるので、「疲れやすい、足がだるい」などの心配はありません。

パーネン
パーネン
この数年の間、一日中履いて出かけても、重さが気になるようなことはなかったよ。

ネットで見てみると、チャコの重さを心配している方が多いようですが、

気にする必要はないですよ。

というのが長年はいてきた僕の感想です。

チャコのサンダルはメンズ・レディース共に種類が豊富
Z1以外のおすすめシリーズをご紹介

僕が持っているのは「Z1」のみで、この1足でも十分満足できますが、中には「もろにアウトドアな感じド直球なのははちょっと…」という方もいるかもしれません。

そんな方にも朗報。

チャコのサンダルはZ1以外にも色々なおすすめモデルがあります。

メンズ・レディースでカラー展開が違うものあるので、その点はご注意を。

Chaco/チャコ Z2

Z1と比べると親指のループがあるのが大きな特徴のZ2。
ソックスを着用したままでは履けないですが、どちらにするかは好みで分かれるところでしょう。

Chaco/チャコ ZXシリーズ

Z1、Z2の太いウェビングストラップ1本が、細めのストラップ2本になったモデル。
スタイリッシュな、少しフェミニンな雰囲気が特徴。

と思って公式サイトを調べてみたら、やはり今はメンズは展開されていないようです。
(一部の店舗では取り扱ってますが、数はかなり少ないです)

もしメンズでお探しの方がいたら根気よく在庫の残っているお店を探すか、古着屋やメルカリで探さないといけないようです。

個人的にはZX1の雰囲気が好きだったんですけどねえ…

昨年か一昨年頃の「N.HOLLYWOOD」とコラボした「ZX1」が、どこかで格安で手に入らないかと期待してます。

Chaco/チャコ MADE IN USAシリーズ

名前を聞いただけでわくわくしてきます。

はっきり言って見た目はただのZ1ですが、
「MADE IN USA」というだけで勝ち誇った気分になれるでしょう。

値段も定価でほぼ2倍という、世の奥様方からしたら何の得があるのか、
というこだわりが男心をくすぐります。

シーズン毎にウェビングストラップの柄が変わっている、というのも特徴。

いかにもアメリカンなデザインになっていてとてもよい雰囲気です。

ネットで探すと、以前の在庫を持っているショップがまだまだあるようなので、自分のお気に入りのデザインのものを探し当てるのもおもしろいのではないでしょうか?

パーネン
パーネン
毎シーズン、デザインが変わるというのは僕のような収集癖のある人間には嬉しい悩みだね。

「Chaco/チャコのサンダルは重い?サイズ感や履き心地、種類について解説します」のまとめ

チャコのサンダルのおすすめポイントをまとめます。

  • 夏場に大活躍
  • 抜群のフィット感
  • 丈夫なアウトソール
  • バリエーション豊富なデザイン

と、文句のつけどころのないサンダルです。

夏に大活躍のサンダル「Chaco/チャコ」をぜひ試してみてください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

それではパーネン(@hiro_pa911)でした。

Amazonでお得に【CHACO】を買う方法

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)してから購入するのがお得。
チャージするたびにチャージ額×最大2.5%分のAmazonポイントが貯まるので、Amazonユーザーなら活用しないともったいないですよ。