ニューバランス

【ニューバランスML2002R・レビュー】名作の復刻モデル!サイズ感や履き心地、カラー展開を徹底解説

読者さん

最近ニューバランスのスニーカーが気になるんだよね。SNSなんかでもよく見かける「ML2002R」っていうモデルが、値段も手ごろで今のトレンドにも合っていそうなんだけど。サイズ感や履き心地が気になるなー。

こんなお悩みの方に向けて、ニューバランスの中でも注目のモデル「ML2002R」について詳しく紹介していきます。

書いているのはこんな人
  • 元大手靴屋の店長を経験
  • 持っている靴は50足以上
  • ニューバランスをこよなく愛する靴好き
元靴屋の
パーネンです

2020年に名作「MR2002」の復刻モデルとして登場した「ML2002R」。

  • アッパーは名作モデルを踏襲
  • ミッドソールに新しい技術を採用
  • アジア生産で手に入れやすい価格設定
  • ボリューム感のあるフォルムがコーデに合わせやすい

こんな特徴があるML2002Rは、古くからのニューバランスファンやこだわりを持つファッション好きにまで注目されているモデルです。

公式オンラインショップでも豊富にカラー展開されていて、ニューバランス側の力の入れようもかなり感じられます。

このページでは、そんなML2002Rを購入するときに気になるサイズ感や履き心地、カラーの種類などを詳しく紹介していきます。

パーネン

カラーによってはプレミアム価格で転売されているほどの人気!

ちなみに、ML2002Rを探すならニューバランス公式オンラインショップが断然おすすめ。

在庫数やカラーの種類は、他の通販サイトやショップの比じゃありません。

選べる目次
  1. 【ニューバランスML2002Rの特徴と歴史】名作MR2002をアジア生産で復刻したおすすめモデル
  2. 【ニューバランスML2002R・レビュー】サイズ感や履き心地、サイズ選びのコツ
  3. 【ニューバランスML2002Rのカラー展開】ハイテク感とカラーリングが絶妙
  4. 【ニューバランスML2002R・取扱がある販売店】購入なら公式オンラインショップがおすすめ(再販もあり)
  5. 【まとめ】ニューバランスの中でもコスパに優れた傑作モデル!在庫があるうちに要チェック

【ニューバランスML2002Rの特徴と歴史】名作MR2002をアジア生産で復刻したおすすめモデル

まずはニューバランスML2002Rがどんなモデルなのか、特徴とスペックを紹介していきます。

  • 名作『MR2002』をリバイバルした復刻モデル
  • 履き心地を向上させる2つのクッショニングシステムを採用
  • アメリカ生産からアジア生産に変更、価格でメリットあり

こんな特徴のあるモデルです。

【ML2002Rの特徴➀】アッパーはMR2002を踏襲、ヌバックとメッシュのコンビは健在

2010年に2000番台モデルの3作目として発売されたのがMR2002。

ニューバランスのフラッグシップモデルとして展開されてきたM1300を始めとする1000番台モデルを継ぐ存在、という位置づけが2000番台です。

MR2002はニューバランスが誇る「スーパーチームNo.33」がアメリカ国内にて製造、21世紀最高峰モデルともいわれていました。

その名作モデルを初めて復刻モデルが、今回紹介するML2002R。

アッパーのデザインはMR2002をそのまま踏襲。

オリジナル同様、天然皮革のヌバック素材とメッシュ素材を組み合わせは、スポーツライクな雰囲気がありながらもどこか上品な出で立ちで、カジュアルコーデにも合わせやすいモデルに仕上がっています。

パーネン

当時はスポーツ色が強いデザインが敬遠されて、人気があまりなかったモデルというのはMR2002の黒歴史。

【ML2002Rの特徴➁】ミッドソールにはENERGYとAMZORBを組みあわせて採用

オリジナルのMR2002と大きく変わったのが、ミッドソールに採用されているクッショニングシステム。

  • MR2002  …N-ERGY
  • ML2002R…N-ERGY+ABZORB

MR2002が発売された当時、ニューバランスの中でもかなりの高パフォーマンスを誇っていたクッショニングシステム・N-ERGY。

復刻モデルML2002Rではさらに安定性とクッション性を向上させるためにABZORBと組み合わせました。

ABZORBが加わることで、よりしっかりとした履き心地を実現。

特に内側から見えるミッドソール部分は、MR2002とは見ためがかなり変わります。

人気がすっかり定着した厚底ソールのデザインは、人によって好みも分かれそうですが、個人的には好きな雰囲気。

パーネン

オリジナルのMR2002はもはや手に入らない状態なので仕方ないんですけどね。

【ML2002Rの特徴➂】アメリカ生産からアジア生産に。価格面でメリットあり

これまたオリジナルのMR2002と大きく変わった特徴が生産国。

  • MR2002…アメリカ生産
  • ML2002R…アジア生産(基本はベトナム)

さっきもお伝えしましたが、MR2002はアメリカ国内でも特に優秀な職人が集まった「チームNo.33」が手掛けていて、作りや雰囲気は最高でした。

それが復刻されたML2002Rではアジア生産に変更!

パーネン

ニューバランス好きとしては少し残念な変更点。

ただ、ニューバランスのアジア工場はかなり技術が上がってきていて、ML2002Rの見ためは普通にMADE系と遜色ない外見です。

MADE系…

ニューバランスの中でも高い技術でつくられる「MADE IN USA」「MADE IN ENGLAND」モデルを愛好家の方はこのように呼びます。

そして、生産国が変わったこともあり価格面でも大きく変化があります。

  • MR2002…国内定価¥35,700(税込)
  • ML2002R…国内定価¥16,280(税込)※カラーにより多少ちがいます

ML2002Rの場合、オリジナルと比べても半額以下と、購入する側の僕らにとってはかなり大きな変更です。

後からカラーバリエーションも紹介しますが、この価格なら色ちがいで購入することもできそう。

パーネン

この価格なら、なんとかおこづかいでも買える…!

このように多少の変更点がありながらも、高い人気と技術を誇った名作モデルを『現代版MR2002』としてリデザインしたのがML2002Rです。

【ニューバランスML2002R・レビュー】サイズ感や履き心地、サイズ選びのコツ

多くのカラーが展開されているなか、僕は『ML2002R 2』というベージュカラーの1足を購入しました。

実際に履いて感じたサイズ感や履き心地について率直にレビューしていきます。

  • 900番台モデルと比べてすこしゆとりがあるラスト、ジャスト~大きめが目安
  • 2種類のクッションでUS・UKモデルと比べても遜色ない履き心地
  • メッシュ部分が多く、通気性・軽量性は問題なし

パーネン

価格を考慮してみても、予想以上に高パフォーマンスなモデル!

【サイズ感・サイズ選び】PL-1ラストを採用。サイズ選びはジャスト~大きめが目安

ニューバランスのスニーカーでよく言及されるラスト(足型)。

ニューバランスではSL-1、SL-2というラストが多くのモデルで使用されていますが、ML2002Rでは「PL-1」というラストを採用しています。

  • SL-1…細めで甲も低め。細くスッキリとしたシルエットに。
  • SL-2…幅も甲もゆったりした、全体的にポッテリした足型。
  • PL-1…上2つの中間。2000番台以降に主に採用されている。

PL-1を採用したML2002Rは細すぎない、かといって太すぎない、いわば”標準的”なシルエットの1足。

  • 足の実寸は26.5㎝、スニーカーは基本27.5㎝を選ぶ
  • ニューバランスM998、M1500は27.5㎝でジャスト(SL-1)
  • ニューバランスM1400は27㎝でジャスト(SL-2)

こんなスペックの僕の足ですが、選んだサイズは27.5㎝でした。

履き口部分からカカト部分にかけて、しっかりとフィットする感覚があります。

甲部分や足幅は少しゆとりを感じられるサイズ感。

SL-1を採用したM998やM1500よりはゆったりと感じる甲周りです。

  • 細身の900番台や1500番台~と比べるなら同じサイズ
  • ゆったりめのM1400、M576、ML574と比べたら1サイズ大きめ
  • コンバースなどローテク系スニーカーより1サイズ大きめ

サイズ感は好みの問題もありますが、上記を目安にサイズをえらぶといいでしょう。

【履き心地】2種類のクッショニングシステムを組み合わせはアジア生産とは思えないしっかりとした履き心地

先に紹介したように、ML2002RではN-ERGY・ABZORBという2種類のクッショニングシステムを採用しています。

  • ミッドソール全体的にABZORB
  • カカトのクッション部分がN-ERGY

このソールユニットの組み合わせはM860V2というモデルで採用されていましたが、今回2002の復刻に際し復活。

その履き心地はニューバランスのアジア生産・1万円代モデルとは思えない出来。

ABZORBのおかげでしっかりとした衝撃吸収を感じることができる一方、カカト部分のN-ERGYで反発する感覚があります。

やわらかい履き心地のM1400、しっかりとした履き心地のM1500をちょうど足して2で割ったような、お値段以上の履き心地を感じられます。

【通気性・軽さ】メッシュ部分が多く風がぬけて涼しい。冬や雨の日はちょっと考えもの

ML2002Rはメッシュ素材がアッパー部分を大きく占めているのも特筆すべき点です。

ヌバック・合皮素材の合間に表裏の2重構造になったメッシュが貼られています。

このメッシュ部分が超快適!

購入して履いているのが夏というのもありますが、風がぬけてとにかく足が涼しく感じられます。

今まで履いてきたニューバランスのモデルでは感じたことがない感覚。

寒い季節や雨の日はちょっと考えものですが、足のにおいが気になる僕には、この通気性はとんでもなくメリット。

【総評】US/UKモデルに比べると少し物足りない。ただ価格を考えればかなり満足できるモデル

総評としては、かなりポイントの高いモデルといえるML2002R。

  • 近年のフラッグシップモデルに採用されるPL-1ラストを採用
  • 2種類のクッショニングシステムで満足できる履き心地
  • 大きめメッシュ構造で通気性と軽量性を確保

US/UKモデルと比べると、作りが若干粗い部分もあり物足りなさも感じますが、半額近い値段を考えればかなり高得点なモデルではないでしょうか。

読者さん

ニューバランスのスニーカーを試したいけど、スニーカーに3万円も出せないんだよね…

こんな方にもおすすめできる、ニューバランスの新スタンダードがML2002Rといえるでしょう。

US/UKモデルに手が出しにくい方にぜひおすすめしたいモデルです。

パーネン

ここ最近、足元で迷ったらML2002Rを履いてます。それぐらいお気に入りの1足!

【ニューバランスML2002Rのカラー展開】ハイテク感とカラーリングが絶妙

ML2002Rはニューバランスが注力していることもあり、かなり多くのカラーリングが展開されています。

その数は現行カラーで手に入るだけでも10色以上!(2021年6月現在)

カラー展開と人気のカラーを紹介していきます。

パーネン

これだけの数のカラーがそろうのは、他のニューバランスのモデルでは見たことがないね。

【グレー・ブラック・ホワイト】合わせやすいモノトーンカラー。グレーだけでも数種類

ニューバランスの代名詞的カラー「グレー」はやっぱり健在。

1stカラーである「A」をはじめ、「C」「0」などグレーだけでも数種類が展開されています。(ほぼ完売状態で再入荷を期待するしかないですが…)

もちろん、コーデに合わせやすいブラックやホワイトもあり、選択肢の幅が広いのもML2002Rの特徴。

【ベージュ】数種類あるベージュ系は使いやすくておすすめのカラー

ML2002Rではベージュ系も数カラー展開されています。

実際、僕が購入したのも「2」というベージュカラーでしたが、スエードとメッシュ素材のコンビになっているこのモデルでは、ベージュ系カラーがなんともハマります。

ベージュ単一カラーではなく、パーツによってグレーが入ったりベージュの濃淡で雰囲気が変わったりと、意外とコーデに合わせやすいカラーな印象。

ニューバランスらしい日本未入荷の海外カラーなど種類も豊富

海外でも注目されているモデルということもあり、日本未発売のカラーが海外通販サイトやAmazon・楽天などでも並びます。

パーツごとにカラーを変えて絶妙なカラーリングを見せるのはさすがニューバランス。

このように、多くのカラーが販売されているML2002Rは、色ちがいで集めてみたくなる、スニーカー好きを悩ませる困ったモデルでもあります笑

【ニューバランスML2002R・取扱がある販売店】購入なら公式オンラインショップがおすすめ(再販もあり)

カラーによって即完売もでているML2002R。

実際に購入するならどこで買えばいいのか、おすすめの販売店・取扱店を紹介します。

  • 【在庫・種類で圧倒】おすすめは公式オンラインショップ
  • 【他人と差がつく】珍しいカラーなら海外通販サイト
  • 【最後の頼み】Amazon・楽天も要チェック

結論からいえば、まずはニューバランス公式オンラインショップをチェックしないと始まりません。

【おすすめは断然、公式オンラインショップ】在庫・種類で圧倒的

ニューバランスが注力していることもあり、公式オンラインショップの充実ぶりはさすが。

購入できるカラーだけでも10種類以上あり、サイズ展開もレディースからメンズまでしっかりそろっているカラーが多い印象。

基本的に定価販売なので、価格面でも安心して購入できます。

【海外通販サイトもおすすめ】日本未発売カラーあり。価格面でメリットがあることも

海外通販サイトを探すのもアリです。

日本未発売カラーが並ぶこともあり、他人とちがうカラーを探したい人は要チェック。

関税がかかったりと不確定な部分もありますが、サイトによっては国内定価よりも安く購入できるものあります。

海外通販サイトでニューバランスを探すなら、上の3つは最低限チェックしておきたいところ。

特にSSENSEとsneakersnstuffは日本語に対応していて、日本国内の通販サイトで購入するのと変わらない感覚で購入することができます。

【Amazon・楽天】カラーによっては定価で在庫があることも

公式オンラインショップや海外通販サイトでも目当てのカラー・モデルが見つからないときは、最終手段としてAmazonや楽天をチェックしてみてください。

基本的には国内正規カラーが並ぶことが多いですが、人気カラーは定価よりも価格を吊り上げているものもあるので要注意です。

並行輸入をしている出店者もいて珍しいカラーも見つかりますが、同様にちょっとお高めな価格になっていることが多いのでこちらも注意が必要です。

Amazon・楽天はどうしても他で見つからなかったときの最終手段と考えるほうがいいでしょう。

パーネン

特に人気のグレーカラーは価格がかなり上がっているので気をつけてね。

【まとめ】ニューバランスの中でもコスパに優れた傑作モデル!在庫があるうちに要チェック

ニューバランスも注力しているモデル『ML2002R』について紹介してきました。

もう1度おさらいしていきます。

  • アッパーは名作モデルを踏襲
  • ミッドソールに新しい技術を採用
  • アジア生産で手に入れやすい価格設定
  • サイズ選びはジャスト~大きめが目安
  • カラー展開が豊富
  • おすすめは公式オンラインショップか海外通販サイト

くり返しになりますが、MADE系の機能を引き継ぎながら約半額の価格が魅力。

そんなML2002Rは正にニューバランスの中でも最注目のモデルです。

人気カラーは再販されてもすぐに売り切れているのがほとんどなので、いろいろなサイトの入荷情報をこまめにチェックして手に入れてみてください。

パーネン

僕は今度はブラック系を狙おうと計画中!

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

それでは、パーネン(@hiro_pa911)でした。