PATAGONIA/パタゴニア

パタゴニア/バギーズショーツ 春夏におすすめなパンツの種類やサイズ感をご紹介

patagonia-baggies-shorts eyecatch

ここ数年、異常なぐらいの人気で品薄状態が多い「PATAGONIA/パタゴニア」。

その中でも春夏シーズンに継続して人気が高い「バギーズショーツ」を紹介します。

パーネン
パーネン
どうも、パタゴニア大好きなパーネン(@hiro_pa911)です。

バギーズショーツは、アウトドアブランドの雄・パタゴニアが作る、春夏シーズンに快適に履けるおすすめのハーフパンツです。

僕自身「今年こそは欲しいなあ」と思いながらなかなか買えなかった「パタゴニア・バギーズショーツ」をようやく購入。

人気の高いバギーズシリーズの特徴や種類・サイズ感について、実際に使用して感じた点も含めて紹介していきます。

実際に欲しい時には売り切れ‼

なんてことも多いので、気になる方は早めにチェックしてくださいね。

こんな方に読んでもらい
  • パタゴニア・バギーズシリーズって何なの?という方
  • パタゴニア・バギーズショーツのサイズ感を知りたい方
  • 手軽に快適に履けるハーフパンツが欲しい方
patagonia-baggies-shorts homepege-image出典:www.patagonia.jp

☞パタゴニア公式ホームページで【バギーズショーツ】を見てみる

パタゴニア・バギーズショーツの特徴

バギーズショーツの魅力は何といっても手軽に扱える点。

毎シーズン、サイズや仕様をマイナーチェンジしながら継続して展開されている人気シリーズです。

シリーズの特徴を紹介していきます。

撥水加工・速乾性素材で濡れても快適

patagonia-baggies-shorts front-close-up-viewナイロン特有の凹凸のある素材感

リサイクルナイロンを使用、DWR(耐久性撥水)加工済の素材で撥水性・速乾性に優れています。

ナイロン特有のザラっとした生地感で、濡れても肌に張りつくことなく快適に履ける素材。

汗をかいても快適に履けるのがうれしいポイントですね。

汚れても、洗って一晩経てば乾くので、毎日でも履けてしまいます。

パーネン
パーネン
肌にまとわりつかない生地って大事‼

薄くて軽い。
たたんでもかさばらないので旅行やアウトドアに最適

patagonia-baggies-shorts packing薄くて軽いので小さく丸めて持ち運びもしやすい

そのナイロン素材が薄くて丈夫。

クシャクシャに丸めてもしわになりにくく、扱いも手軽です。

小さく丸めてバッグの隅っこに詰め込むことができるので、旅行やアウトドアシーンでも重宝します。

外で履くショーツとしても、パジャマ代わりとしても使えるので、バッグに1枚入っていると出番は多いはず。

パーネン
パーネン
ポケットに入れても邪魔にならないぐらい小さくたためるね。

メッシュライナー付きで水着にも。
ランニングやスポーツにも使える汎用性

patagonia-baggies-shorts inside-viewメッシュライナーのおかげで肌にまとわりつかず、快適に履ける

もっとも特徴的なのが、このメッシュライナー。

メッシュ素材のライナーが1枚ついているので、ショーツを1枚で履けば水着に早変わり。

撥水性に優れた素材なので、ランニング用のパンツにも使えます。

普段使いだけではなく、スポーツにも使える汎用性のあるショートパンツですね。

パーネン
パーネン
ここ数年、バギーズショーツでランニングする人を見かけるよね。

絶妙なカラーリングとお手軽価格

patagonia-baggies-shorts all-viewブルーともネイビーともいえない絶妙なカラーリング

他のアウトドアブランドやスポーツブランドでは見かけない、絶妙なカラー展開をしているのも特徴。

しゃれた色合いが多く、

「Tシャツ+ショーツ」

といったシンプルコーデでも、バギーズショーツを選べば差がつきます。

そして、毎シーズン、色や柄を変えながら展開。

1番種類の多い5インチのバギーズショーツなら、柄物も含めて15種類以上のカラー展開になります。

これだけ種類があれば、お気に入りのカラーや柄を探す楽しみもできますね。

パーネン
パーネン
毎年、人気カラーは争奪戦になるよ。
patagonia-baggies-shorts homepege-image出典:www.patagonia.jp

☞パタゴニア公式ホームページで【バギーズショーツ】を見てみる



パタゴニア・バギーズショーツの商品ラインナップ

パタゴニア・バギーズショーツは丈の長さや素材によって、いろいろなシリーズが展開されています。

代表的なメンズのシリーズを紹介するので、好みの長さや素材のバギーズショーツを探してみてはどうでしょうか。

「バギーズショーツ」短め丈が涼しげで快適

patagonia-baggies-shorts homepege-image出典:www.patagonia.jp

もっともベーシックなバギーズ・ショーツがこちら。

股下の丈が5インチ(約13㎝)と、まあまあ短め。

昨今のトレンドの短め丈のショーツを好むなら、このバギーズ・ショーツがぴったり。

ただ正直なところ、短めショーツは女性受けがあまり良くないので、注意が必要なところ。

☞パタゴニア公式ホームページで【バギーズ・ショーツ】を見てみる

「バギーズロング」ショーツでは短すぎる…という方におすすめ

patagonia-baggies-shorts long-image出典:www.patagonia.jp

ショーツでは短すぎるという方には、こちらのバギーズ・ロングがおすすめ。

股下丈は7インチ(約18㎝)と、ショーツに比べ若干長めに。

とはいっても、長すぎるということもなく、ひざ上丈でむしろ「普通の長さ」といっていいぐらい。

僕もショーツでは短すぎたので、こちらのバギーズ・ロングを購入しました。

長く使うのであれば、こちらのバギーズ・ロングの方が履きまわしやすいと個人的には思っています。

☞パタゴニア公式ホームページで【バギーズ・ロング】を見てみる

「バギーズライト」軽量・快適素材

patagonia-baggies-shorts light-image出典:www.patagonia.jp

より速乾性を備えたリップストップ・リサイクル・ポリエステルを採用したバギーズ・ライト。

フィッティングもスリムフィットになり、よりスポーツ・アクティブシーンに対応したモデルです。

十分軽量なバギーズ・ショーツよりさらに軽くなり、その重さは約150g。

裏返すとバックポケットに収納できるようになっていて、持ち運びも楽々。

あらゆる場面で活躍してくれるショーツですね。

☞パタゴニア公式ホームページで【バギーズ・ライト】を見てみる

「バギーズナチュラル」ヘンプ素材で普段履きに最適

patagonia-baggies-shorts natural-image出典:www.patagonia.jp

定番のバギーズは化繊を使用しスポーティな印象、そこから大きく素材を変えたのがバギーズ・ナチュラルです。

素材はパタゴニア得意のヘンプ55%・オーガニックコットン45%の混紡素材。

軽量で風通しの良い天然素材を使用し、風合いも考えられて、コーデに使いやすい仕様になっています。

涼し気なカラー展開で、夏に履くショーツにピッタリなシリーズです。

☞パタゴニア公式ホームページで【バギーズ・ナチュラル】を見てみる

バギーズショーツは、もちろんウィメンズ・キッズ(ボーイズ/ガールズ)・ベビーも展開

patagonia-baggies-shorts girls-image出典:www.patagonia.jp

ここまでメンズ・バギーズ・ショーツを紹介してきましたが、もちろんウィメンズ・キッズ(ボーイズ/ガールズ)・キッズも展開しています。

特に、かわいいカラー・柄がそろうボーイズ/ガールズ・ベビーのバギーズ・ショーツは必見。

アウトドアや海やプールで、こんなかわいいショーツを履いている子どもを見たら、ついつい欲しくなってしまうはず。

110㎝以下をベビー、120㎝以上をボーイズ/ガールズで探すといいでしょう。

☞パタゴニア公式ホームページで【ウィメンズ・バギーズ・ショーツ】を見てみる
☞パタゴニア公式ホームページで【ボーイズ・バギーズ・ショーツ】を見てみる
☞パタゴニア公式ホームページで【ガールズ・バギーズ・ショーツ】を見てみる
☞パタゴニア公式ホームページで【ベビー・バギーズ・ショーツ】を見てみる

アウトドア&フィッシング ナチュラム

バギーズショーツのサイズ感は?
パタゴニア製品のサイズ選びにはご注意

patagonia-baggies-shorts size-tag パタゴニア製品はサイズ選びで悩む人も多い

さて、気になるバギーズショーツのサイズ感について。

パタゴニアはUS規格で大きめなつくりになっています。

基本的には日本規格より1サイズ小さめを選べば問題ないですね。

パーネン
パーネン
僕は169㎝/62kgの中肉中背、いたって普通の体型だよ。

通常、日本規格ならパンツはMサイズを選ぶことが多いです。

今回、バギーズ・ロングはSサイズで購入、これでちょうどいいサイズ感。

ゆったり履くのが好みならMサイズでも良かったですが、僕はSサイズで良かったと感じてますね。

パーネン
パーネン
さっきも説明したけど、丈の長さは好みでショーツ/ロングを選べばいいよ。

パタゴニアの公式ホームページなら、自分の身長・体重・好みのフィット感や年齢を入力することで、おすすめのサイズを教えてもらえるのもありがたいところ。

しかも、そのおすすめサイズの在庫状況まですぐに教えてくれるんです。

2019年4月の時点で、早々にサイズ欠けしているものも多いので、気になっている人は本当に急いだほうが良さそうですよ。

☞パタゴニア公式ホームページで【バギーズ・ショーツ】を見てみる
☞パタゴニア公式ホームページで【バギーズ・ロング】を見てみる

同素材で展開される「バギーズパンツ・バギーズジャケット」にも注目

patagonia-baggies-shorts jacket出典:www.patagonia.jp

バギーズ・ショーツを紹介してきましたが、同じリサイクル・ナイロン素材を使用した「バギーズパンツ・バギーズジャケット」も紹介しておきます。

「バギーズパンツ」は素材そのままに、ロングタイプのパンツになっています。

ショーツのようなリラックスフィットではなく、スッキリとしたシルエットでキレイめスタイルにも使える細身パンツ。

夏だけでなく、1年中使える便利なパンツです。

「バギーズジャケット」も同じ素材で作られたアウターで、いわゆるジャンパースタイル。

落ち着いたブラックやカーキから、ナイロン素材を活かした鮮やかなカラーまでそろい、気軽にサッと羽織れるアウターです。

こちらも1年中活躍する汎用性の高さで毎シーズン人気の高いシリーズとなっています。

パーネン
パーネン
価格もそんなに高くなくて、お気軽アウターとして重宝するのがバギーズジャケットだね。

☞パタゴニア公式ホームページで【バギーズ・ジャケット】を見てみる
☞パタゴニア公式ホームページで【バギーズ・パンツ】を見てみる

【パタゴニア/バギーズショーツ 春夏におすすめなパンツの種類やサイズ感をご紹介】のまとめ

パタゴニアの人気シリーズ・バギーズの紹介でした。

気軽に扱える素材で、コーデに合わせる服も選ばない万能アイテムなバギーズ。

シーズン本番になると、すでにサイズ欠けで買えなくなってしまうので、早めにチェックしてみてください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

それでは、パーネン(@hiro_pa911)でした。

アウトドア&フィッシング ナチュラム