Tシャツ・シャツ・スウェット

春や秋冬にあると便利なサーマルTシャツ、おすすめブランド4選

サーマルTシャツ アイキャッチ画像

夏が終わって朝晩が涼しくなってくると、服装もいよいよ秋冬モードに突入。

アウターや重ね着の登場回数が多くなってくると、使えるインナーが欲しくなりませんか?

今回はカジュアルな服装の時に便利で温かいおすすめインナー、「サーマルシャツ」の特徴と定番ブランドを紹介します。

どうも、サーマルTシャツ大好きなパーネン(@hiro_pa911)です。

僕もサーマルTシャツを愛用していますが、秋冬シーズンのインナーとしておすすめポイントしか頭に浮かんでこないぐらい。

価格も手ごろなブランドが多く、おしゃれさん必見アイテム、それがサーマルTシャツです。

こんな方に読んでもらいたいです
  • 着心地の良いインナーを探している方
  • 手ごろな価格でカッコいいインナーを探している方
  • 雑に扱っても破れない丈夫なインナーを探している方

サーマル素材とは

グリーンヒルズ サーマル生地アップ画像

サーマル素材とはワッフルのような生地の織り方に特徴がある素材です。

生地表面に凸凹が出来て肌との接触が少なく、寒い時期には凸凹の中に体温で温まった空気を閉じ込めておくことで保温性の高い素材として知られています。

丈夫で厚みのある生地が特徴的で、元々はミリタリーで重用されていたほどで、その出自も僕たちの物欲をそそります。

まだまだナイロンやポリエステルなどの化繊の技術が発達していない頃から、厳しい環境の中での生活を強いられていた兵隊さんたちの体を守っていた機能的な素材、といわれたら買いたくなってしまいませんか?

コットン100%素材の商品が多いですが、コットン/ポリエステルとの混紡モノも見かけます。

コットン100%素材はやわらかく、混紡素材は少しザラッとした感触のものが多いです。

そして、メッシュのように編まれているため、伸縮性があるのも特徴。

もちろんミリタリー出自という事で、耐久性もお墨付き。

今は色々な機能性インナーが多く販売されていますが、「秋冬のインナーといえばサーマル!!」というアメカジ愛好家の方も多いですよね。



インナーでも、重ね着でもどんな服装でも使える便利なサーマル。着こなし方やコーデのコツは?

パーネン
パーネン
サーマル素材は、アメカジ界隈では古くから定評のある生地だね。

ここ数年では、レディース向けのカットソー素材としても認知されてますよね。

着こなし方は、厚みのある素材で伸縮性があるので素肌に直接1枚で、肌着感覚で着ることもできます。

Vネックやヘンリーネックなどネック部分に特徴のあるものなら、長そでのサーマルTシャツを1枚で着るのもアリですね。

他にもアウターが必要ない時期なら、夏に活躍したお気に入りの半そでTシャツをサーマルの上に重ね着するのも、「90年代リバイバル」がトレンドの今ならおすすめの着こなし方。

インナーとして使用する時も、ニットやスウェットほどの厚みもないので、防風性のあるアウターを羽織るだけで、着ぶくれることが多い冬場の服装もスッキリと収まります。

とにかく1枚持っていると、何かと重宝するおすすめのカットソー、それがサーマルです。

パーネン
パーネン
春や秋はシンプルに1枚で、冬はサーマルTシャツにアウトドアブランドのアウターを羽織るのが、ここ数年の僕の定番になってるよ。

「サーマルTシャツ」おすすめのブランドは?

ここ数年でトレンドにもなっていることから、色々なブランドから販売されているサーマルTシャツ。

その中でも定番として利用できる、おすすめブランドを紹介します。

イタリアメイドの変わり種サーマル「GICIPI(ジチピ)」

サーマルジチピタグ画像
パーネン
パーネン
個人的に一番おすすめのサーマルTシャツがこちらの「ジチピ」です。

ジチピはイタリアで50年以上もアンダーウェアを作り続けている世界でも有数のファクトリーブランド。

現在もイタリアの小さな工場でカットソー生地を使用した商品を丁寧に作っていて、イタリアらしい上品なシルエットと上質で柔らかい着心地で年々リピーターを増やし続けています。

ジチピのサーマル素材は薄手のワッフル編みで、他のブランドのサーマル素材とは一目で差があるのが分かります。

他のブランドにはない「雰囲気」が、僕たちアラフォー世代にはたまらないんです。

そして、素晴らしいクオリティーがありながら価格がお手頃なのも魅力。

これだけの商品が¥5,000程度で買えてしまうのは驚きです。

薄手から厚手まで、種類豊富なサーマル界の雄「INDERA MILLS(インデラミルズ)」

サーマルインデラタグアップ画像

1914年に設立された、アメリカでも「現存する最後のサーマルメーカー」といわれているブランドです。

インデラミルズの魅力は、アメリカ軍に採用されている信頼性とサーマル生地の種類の豊富さ。

その生地の種類は何と、10種類以上!!
(アメリカ本国へ行けばもっとあるかも)

調べた中では、最高で9.5オンスのサーマル素材まで作られているようです。

ここまでくると、スウェット素材と変わらないほどで、もはやインナーの域を超えた存在に。

にも関わらず、¥2,000前後で買えてしまう価格というのが素晴らしいですね。

コットン100%素材やコットン65%/ポリエステル35%素材など、バリエーションと生地の厚みが豊富で選びきれないほど種類があります。

また、ネットのクチコミを見ていると、ユニクロのヒートテックと比べている人が多く、インデラミルズの方が温かいという声が圧倒的に多いというのも参考までに。

パーネン
パーネン
僕もインデラミルズの「ヘビーウェイト」を愛用しているけど、確かにヒートテックより温かくて、室内なら汗ばむほど。

Tシャツ・サーマルの王道「HANE′S(ヘインズ)」

サーマルヘインズタグアップ画像
「サーマル」といえば、まず思いつくのはここじゃないでしょうか。

ヘインズといえば「3P Tシャツ」が有名ですが、サーマル素材を使用した商品も有名なんです。

ヘインズといえば、かつては「MADE IN U.S.A.」で「コットン100%」のサーマルTシャツが古着市場でも数多く出回っていましたが、今ではすっかり見かけなくなりました。

現行品は中国製で、素材はコットン65%ポリエステル35%、首の後ろのタグもプリントでタグレス仕様に。

サーマルTシャツの大定番ブランドですが、少しずつ改良を加えてアップデートされています。

手頃な価格も魅力のブランドですね。

パーネン
パーネン
僕は「MADE IN U.S.A.+コットン100%」のヘインズを持っているけど、愛用しすぎて首のリブがボロボロになったから、もうそろそろお別れかな…

MADE IN USAを貫くサーマルシャツブランド「GREENHILLS(グリーンヒルズ)」

サーマルグリーンヒルズタグアップ画像
1907年創業、リブ編みのTシャツやタンクトップで有名なMiller(ミラー)社のサブブランドとして産まれたのがグリーンヒルズ。

サーマルやアンダーウェアに定評のあるブランドで、今もなお「MADE IN U.S.A.」を貫いているのが、他のサーマルブランドと違う点。

また、サーマル素材もコットン50%/ポリエステル50%と、他のブランドと混紡率が変わり、ザラッとした固めの感触が特徴。

着た時の伸縮も少なく、1枚でしっかりと着れるサーマルTシャツです。



「春や秋冬にあると便利なサーマルTシャツ、おすすめブランド4選」のまとめ

サーマル集合画像
色々なブランドやショップがサーマルTシャツを販売していますが、まずは今回の4ブランドが価格も手頃で手が出しやすいです。

4ブランドどれもがおすすめで大活躍間違いなしですが、やはり個人的におすすめは「ジチピ」と「インデラミルズ」ですね。

好みもあるでしょうが、ジチピはサーマル素材らしくない上品な雰囲気が使う場面を選びません。

インデラミルズは「THE・サーマル」という雰囲気で、バリエーションと価格が魅力。

他のブランドも、素材やネックの形が様々なパターンで販売されているので、ぜひ一度サーマルTシャツにハマってみて下さい。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

それでは、パーネンでした。(@hiro_pa911

Amazonでお得に【サーマルシャツ】を買う方法

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)してから購入するのがお得。
チャージするたびにチャージ額×最大2.5%分のAmazonポイントが貯まるので、Amazonユーザーなら活用しないともったいないですよ。