MENU
お役立ち情報

セカンドストリートで服を買う!メルカリとの比較やセール情報まで詳しく解説

second-street eyecatch
パーネン
パーネン
どうも、古着大好きなパーネン(@hiro_pa911)です。

服を安く買いたい時ってどうしてますか?

  • お店に行ってお得な商品を見つける?
  • ネットショッピングで検索する?
  • メルカリで探す?

この記事では僕が服代を安く済ませたい時によく利用するセカンドストリートを買うときの効率の良い手順やセール情報を紹介します。

セカンドストリートなどのリサイクルショップは服をお手頃に買えるだけではなく、いらなくなった服や生活用品の買取もしてもらえるので、似たようなサービスであるメルカリとの比較も紹介していきます。

こんな方に読んでもらいたいです
  • とにかく安く服を買いたい方
  • リサイクルショップを利用したことがない方
  • 服を買うだけではなく売りたい方

セカンドストリート オンラインストア

服好きを虜にするセカンドストリートを筆頭とする「リサイクルショップ」

僕はここ数年、セレクトショップやブランドの路面店で買い物をすることが少なくなりました。

それは、リサイクルショップでの買い物の楽しさを覚えてしまったから。

僕がよく利用しているセカンドストリート(セカスト)は、レンタルDVDで有名な「GEOホールディングス」のリサイクルショップ業態です。

セカストの魅力は家具や家電・おもちゃやスポーツ用品までありとあらゆるものが売られている点ですが、その中でも有名なのが古着です。

はっきり言って「だれがこんなダサい服買うの?」というレベルの洋服の割合も相当高いですが、労を惜しまず根気よく探してみると、思わぬ良品が見つかる古着屋でもあります。

僕みたいな服好きの方には、自分のアンテナに引っかかる服を探しだすだけでも楽しみを感じられる場所です。

しかも、価格もとんでもなく安いとなれば喜びは計り知れません‼

今やメルカリで服を買う人も増えているので、古着を買うことに抵抗がなければ十分に楽しめるお店です。

他に古着が多いリサイクルショップは、トレジャーファクトリー、ブックオフ系列や関東ローカルのたんぽぽハウス、ブランド古着に特化したカインドやコメ兵、ベクトルなどが有名ですね。

パーネン
パーネン
僕はセカストに行ったら、2時間ぐらい平気で買い物しているよ。



これだけお得!!セカストとメルカリの価格を比較

僕は月に1回はセカストへ、「市場調査」という名の買い物に行きます(笑)

そんなセカスト中毒な僕が今までに見つけてきたおお買い得だった商品を、メルカリとの価格も比較しながらご紹介していきます。

古着なので全く同じ状態のものではないです。
あくまで参考程度に捉えて下さい。

「サイ ベーシック」ポロシャツ

サイ セカスト 画像
まずは、クオリティーの高いベーシックなデザインが魅力のブランド「サイ ベーシック」。

ポロシャツの新品定価は¥12,000程度が多いです。

その「サイ ベーシック」のワンポイントが入ったシンプルなポロシャツが¥700‼

若干の着用感はあるものの、これはかなりお得です。
サイ メルカリ画像
こちらがメルカリで探した似たデザインの「サイ ベーシック」のポロシャツ。

状態の差はあるでしょうが、付けられた値段は¥5,500。

セカストとの差は¥4,800‼

この価格差は大きいです。

「デザインワークス コットンパンツ」

デザインワークス画像
30歳代より上の世代をターゲットにした、シンプルなデザインが人気のアバハウス傘下の「デザインワークス」。

コットン素材のパンツの新品定価は¥20,000前後が多いです。
(かなりの高級品ですね…)

僕はセカストでほぼ新品状態のコットンピケ素材・細身パンツを¥500‼で購入しました。
デザインワークス メルカリ画像
メルカリで探したほぼ同じ素材・デザインの「デザインワークス」のパンツ。

付けられた値段はなんと、¥11,000。

およそ20倍の価格、セカストの販売価格との差は¥10,000以上

定価で買うのがアホらしくなるぐらいの価格差です。

「ミネトンカ モカシン」

ミネトンカ画像
この靴を履くだけで洒落た雰囲気を出せる、一大ブームを起こした「ミネトンカ」の定番モカシン。

新品定価だと¥10,000~15,000といったところでしょうか。

僕はセカストで中敷もキレイなほぼ新品を¥1,500で買いました。

シンプルなデザインなので春夏の時期には重宝してます。
ミネトンカ メルカリ画像
メルカリの中でも靴は、商品の状態で価格差が激しいジャンルです。

着用感のある同じ商品でメルカリなら¥7,777

靴の状態と価格差を考えると、セカストはかなりお得です。

全く同じ状態・条件の商品を探すのは難しいですが、セカストとメルカリでの価格差がすごい‼という事が分かってもらえたのではないでしょうか。

パーネン
パーネン
僕はここ数年、服を買うのはほとんどセカストに頼っているよ。

リサイクルショップで服を買うときの狙い目は、状態が良い、クオリティーが高いのにあまり世間一般に知られていないブランド(上で紹介したサイベーシックやデザインワークス等)を探すことですね。

セカンドストリート オンラインストア

古着は宝の山!!その中からお得商品を探す方法

セカンドストリートは全国に500店舗以上を展開、独自の商品ルート・査定基準で買取しているので、販売している商品が信頼できるという点も安心できるポイントです。

パーネン
パーネン
メルカリやヤフオクは「個人間取引」になるので、商品がコピー品や正規品でない可能性もあるからね。

セカストの店舗に行くと分かるのですが、とにかく商品量がすごいです。

全ての服を1点1点チェックしながら購入するのは至難のワザ。

そこで僕は次のような手法で、短い時間の中でお宝探しをしています。

ノーブランド商品から見る

あらゆる人が服を売りにくるので、誰も知らないようなブランドや量販店の服が多くならんでいます。
(中には浴衣やイベント用のTシャツまで…)

そういった商品はブランド分類をされずに店舗の奥まった場所に並べられていることが多いです。
(店内のレイアウトは店舗によって多少変わります。)

セカストで効率よく服を探すには、その「ノーブランドコーナー」から攻めること。

ブランド別の陳列から漏れたようなクオリティーの高いマイナーブランドや、ユニクロ・H&Mなどのファストファッションブランドの商品なども数多く並んでいるからです。

商品の価格は¥1,000以下がほとんど。

上で紹介した服も全て、この「ノーブランドコーナー」の棚から発掘しました。

ユニクロやH&Mなどは、新品のシンプルなボタンダウンシャツが¥500で並んでいたりと、仕事用に消耗品として使う服を探すときに重宝しています。

人気ブランドコーナーを見るのは「目当ての商品がある時」か「時間のある時」のみ

いくらセカストの商品価格が安いからといって、何でもかんでも安いわけではありません。

定番的に人気の高いブランドや、旬のデザイナーズブランドやストリートブランドは非常に強気の値段設定です。

また「HARE」や「GLOBAL WORK」、セレクトショップのオリジナルなどは、元々の定価がそれほど高くないにも関わらず、人気が高く商品の回転も良いためか、比較的値段が高いためお得感は少ないです。

こういったブランドコーナーを物色するのは、よっぽどお目当てのアイテムがあるか、時間の余裕のある時でないと見る価値はないと個人的に考えています。

お目当ての商品やブランドが決まっているなら、メルカリで検索して探した方が手間もかからずに探せるはずです。

予算や商品の状態などの細かい条件を決めて検索もできるので、手っ取り早く探すならメルカリ一択ですね!



服代を節約‼セール時期を狙えば更にお得

セカストに並ぶ服の価格が安いということは十分理解してもらえたと思いますが、更にお得に買える方法があるんです。
セカンドストリート セール画像
それはセール時期に買うこと‼

ただでさえ毎日がセール価格みたいな状態ですが、セール中に買えばさらにお得。

開催時期は、ゴールデンウィーク・お盆・年末・年始のタイミングで行っています。
(日程は毎年、微妙に変わるようなので事前リサーチ必須)

セールの内容は、ここ数年はある程度固まってきたようです。

  • ¥1,000未満の衣料品 50%オフ
  • ¥1,000以上の衣料品 20%オフ
  • 靴・バッグなど服飾品 10%オフ

このタイミングで買えば、5・6着買っても¥2,000以内で収まるので服代を節約したい方にはぜひ狙ってもらいたいです。

パーネン
パーネン
僕は事前に数店舗を下見して、買う候補を決めているよ。

セカンドストリート オンラインストア

買取価格は安すぎる?メルカリとの比較とメリット・デメリット

セカストを含めたリサイクルショップは古着の買取も行ってくれます。

基本的には着用に問題ないレベルならほとんどの商品を買い取ってもらえます。

買い取り価格はどれほど?高く買い取ってもらうならキャンペーンを狙う

正直、買い取り価格はかなり安いです。

繰り返しますが、ほんとうに安いです‼

買い取り価格が1円、5円なんてザラ。

ユニクロや無印などは状態がいくら良くてもほとんど¥1~¥10。

ビームスやユナイテッドアローズのオリジナルなどで、¥100~¥500程度。

人気ブランドの靴やアウター類で、¥1,000~¥3,000ぐらいでしょうか。

販売価格からみると、買い取り価格は1割程度に抑えているようです。

読者さん
読者さん
新品未使用なのに…
読者さん
読者さん
定価が〇万円したのに…」

こんな理由は関係ありません。

査定価格を決める要因は
「店舗で販売する際に売れるかどうか?」だからです。

商品のクオリティーうんぬんよりも、いかに利幅を残していかに効率よく販売できるか、がお店側の理由だからです。

ま、これは当たり前といえば、当たり前の話。

セカストの店舗で売れずに残っている商品の在庫量を見たら、これは仕方のないことです。

店舗側も、売れるかどうかわからない商品にリスクをかけて、高く買い取るなんて出来ないですからね。

商品管理ができなければ商売として成り立ちませんから。

店員
店員
商品仕入代を安くして、少しでも利益を大きくして売りたい
服を買いにきたお客
服を買いにきたお客
服を少しでも安い価格で買いたい

この双方の希望を叶えるには、この買い取り価格も致し方なし。

ただ、かなりの頻度で買い取り査定アップキャンペーンをやっているので、少しでも高く買い取ってもらいたい‼という方はこの期間を狙いましょう。

セカンドストリート WEB買取

メルカリと比較したメリット・デメリット

買い取り価格が安いとはいえ、リサイクルショップなら使用に問題のない商品ならほとんど買い取ってもらえるというのは大きなメリット。

メルカリなら自分で好きな値段を設定できるという点がメリットですが、確実に売れるかどうかは分かりません。

売れるまで値下げをしたり、コメント欄で交渉を続けたりと、手間がかかることもありますよね。

無事に売れたとしても、その後の「情報のやりとり・梱包/発送作業」まで行わないといけません。

これが地味に手間と費用がかかるので、数が多いと馬鹿にならないですよね。

引越しや断舎利で、どうしても服や家庭用品を処分しないといけない場合はリサイクルショップに持ち込むのが正解でしょう。

リサイクルショップで服を売る際のポイント
  • 使用に問題のない商品なら買い取ってもらえる
  • 持ち込んだ商品はほぼ確実にその場で買い取ってもらえる
  • 買取価格は安い
メルカリで服を売る際のポイント
  • 自分で好きな値段設定ができる
  • 出品しても売れるかどうか、いつ売れるかは分からない
  • 売れても、その後の作業に手間がかかる
パーネン
パーネン
早く処分したい場合はリサイクルショップ、少しでも高く売るためなら多少時間がかかっても良いという場合はメルカリと、状況によって使い分けるといいね。



「セカンドストリートで服を買う!メルカリとの比較やセール情報まで詳しく解説」のまとめ

ポイントをおさらいします。

  • 服好きなら掘り出し物を見つけ楽しみが
  • メルカリと比較しても掘り出し物がお得
  • ノーブランドの棚からお宝を探す
  • セール時期を狙うとさらにお得
  • 買い取りはメルカリと上手く使い分ける

我が家はお小遣い制ということもあって、僕はここ数年買い物はお金のかからないセカンドストリートで済ませることが多くなりました。

むしろ、価値のある服を掘り出せるので楽しみにもなっています。

全国にはセカスト以外のリサイクルショップもたくさんあるので、これを読んで興味を持った方はぜひお宝探しに出向いてみてください。

きっと、僕みたいにハマりますよ(笑)

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

それでは、パーネンでした!!@hiro_pa911

セカンドストリート オンラインストア