お役立ち情報

幅広で合わない、靴ずれが痛い…靴のお悩み別「解決方法・予防アイテム」を元靴屋が徹底紹介

shoes-foo trouble eyecatch

どうも、元靴屋のパーネン(@hiro_pa911)です。

読者さん
読者さん
足が幅広でなかなか合う靴がないよ…
読者さん
読者さん
パンプス履くといつも靴ずれするの…

靴と足について、こんなお悩みを抱える方は多いんじゃないでしょうか?

この記事では元靴屋の僕が、靴・足のお悩み別に解決方法予防アイテムを紹介していきます。

なるべく安価かつお手軽に対処できる方法ばかりなので、靴でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

こんな方に読んでもらいたいです
  • 靴のにおいが気になる方
  • 足が幅広で靴の横に当たって痛い方
  • 靴ずれの予防方法を知りたい方

「靴ずれが痛い」解決方法と予防策

靴ずれはかかとと靴がすれて起こります。

靴ずれの1番の原因はサイズが合っていないこと。

かかと部分がフィットしていない靴で歩くことが、かかとと靴のすれる原因です。

靴ずれになったら…1番手っ取り早いのはばんそうこうで対処する

靴ずれになったときに、1番簡単な対処法はばんそうこうを貼ること。

コンビニやドラッグストアで売っている一般的なばんそうこうでもいいですし、靴ずれ用のばんそうこうも販売されています。

靴ずれしやすい靴を履く前に予防として貼るのも効果的ですね。

パーネン
パーネン
若干お高めですが、靴ずれ専用のばんそうこうはしっかりと効果があるから安心。

靴ずれ防止パッドを靴に貼る

何足か持っている靴の中でも、靴ずれする靴って決まってますよね。

その靴のかかと部分にパッドを貼ることで靴ずれを予防できます。

パッドに厚みがある商品も多いので、サイズ調整の役割も果たしてくれますよ。

パーネン
パーネン
靴を脱いだ時の見ためがイマイチだけど、予防効果はバツグン‼

靴ずれ防止スプレー「PREHEELS(プレヒールズ)」を使う

ばんそうこうもパッドも効果はあるけど見ためがイマイチ。

特に女性がパンプスを履くときは絆創膏なんか見られたくないですよね。

そんな方におすすめしたいのが「PREHEELS(プレヒールズ)」。

足のかかとにスプレーするだけで透明の被膜ができて、かかとと靴の擦れを予防してくれるんです。

お風呂で洗えば簡単に取れるので、使い勝手もいいですね。

パーネン
パーネン
ばんそうこうやパッドに比べて少し割高だけど、1本60回程度使えるからコスパは十分かな。

「靴のサイズが大きい」「甲の高さが合わない」解決方法・アイテム

読者さん
読者さん
靴を買って履いたけどやっぱりサイズが大きい…

こんな時のおすすめアイテムを紹介していきます。

インソールを入れてサイズを調整する

全体的なサイズが大きい場合は厚めのインソールを入れるのがおすすめです。

革靴やパンプスならクッション性も良くなって疲れにくくなる点もメリットですね。

革靴に入れる場合は見ためも大切。

「IPI・レザーインソール」ならロゴが見えない部分に入っていて、上質なレザーが表面に使われているので高級感があります。

パーネン
パーネン
僕も何足か、このレザーインソールを使ってるよ。
履くうちになじんできて風合いも良くなるおすすめの一品‼

つま先パッドやハーフインソールで調整する

革靴やパンプスで多いのが、甲の部分が余っていたりかかとがパカパカ浮く状態。

足の甲が合っていないと、靴の中で足が前すべりしてこんな症状が出ます。

そんなときにはつま先パッドやハーフインソールを使って、足の前すべりを防ぎましょう。

パーネン
パーネン
ヒールのある靴には特に効果的だね。

「足が幅広で合わない」解決方法・アイテム

日本人の足型で多いのが「幅広」。

足が幅広の方は、歩いていると靴のサイド部分が当たって痛いという症状がよくあります。

そんな時におすすめの対処法をご紹介。

靴を購入したお店に相談する

shoes-foot trouble-shop

ある程度の規模の靴屋になれば、ストレッチャーを置いている店舗があります。

ストレッチャーとは、靴を部分的に伸ばすことができる器具

本革製の革靴やパンプスの幅が合わない場合は購入したお店に相談してみると、ストレッチャーで幅を伸ばしてもらえるかもしれません。

キャンバス地や合皮製の靴はそもそも素材的に伸びないので、ストレッチャーでも難しいです。

パーネン
パーネン
靴屋時代にも幅を伸ばして欲しいと持ち込んでくるケースは多かったよ。

ストレッチャーを購入して自分で伸ばす

お店に相談しても、そもそもストレッチャーがない場合や、あってもすぐに対応してもらえない場合もあります。

お店に預けても自分の納得のいくように仕上げてもらえない場合もあれば、数カ月も待たなければいけない場合も。

そんな時にはストレッチャーを購入するのも選択肢に入れてみては。

ストレッチャーがあれば、自宅で納得のいくまで伸ばすことができるのがいいですよね。

足が幅広で、既製靴が足の形に合いにくい方は検討してみて下さい。

パーネン
パーネン
初期費用がそれなりにかかる所がデメリットかな。でも一昔前よりはかなり安く手に入るようになったよ。

「足が扁平足」解決方法・アイテム

扁平足は、足の裏の3本のアーチがうまく形成されずに起こる障害

アーチが出来ずに足裏が平らな状態で、本来あるべき土踏まずが出来ていない状態です。

扁平足は、放っておくと腰痛や肩こりの原因にもなり得る怖い症状なんです。

専門の病院、医療機関にかかる

shoes-foot trouble-hospital

日本人は足に対する意識が欧米各国よりも低いといわれています。

そして、日本人の7割が扁平足の症状を持っているという調査結果まであるんです。

扁平足は、子供のころの運動不足足に合わない靴を履きつづけることで、アーチがきれいに形成されないことが原因で起こります。

心当たりがある方は、足のトラブルが重大になる前に専門の医療機関で診断を受けるのがいいでしょう。

パーネン
パーネン
特に欧米の方は靴のサイズ選びにすごく時間をかけて吟味する印象があったね。
日本人とは足の健康の感覚が違うと、確かに感じたよ。

インソール・サポーターで足裏をサポートして扁平足対策をする

なかなか医療機関に行く時間がない・そこまで重大な扁平足じゃない、という方もいるはず。

そんな方は「扁平足用インソール・サポーター」を活用するのがおすすめ。

サイズ調整やにおい対策のインソールに比べると若干割高ですが、しっかりと効果を発揮してくれます。

ここで紹介するのは、医療用としても評価の高いブランドなので心強いですね。

パーネン
パーネン
特にドイツ製「ぺダック」
は土踏まず部分のイタ気持ちいい感覚が病みつきになりそうな感覚。

靴そのものでいえば、ビルケンシュトックニューバランスは矯正靴から始まったメーカーなので、足の健康を考えたモデルが多く展開されています。



「靴のにおいが…」くさい靴の解決方法・アイテム



靴に対するトラブルの中で、1番身近なのが「におい」。

他人から指摘してもらうのもはばかられるので、自ら率先して対策していきたいですよね。

靴用消臭スプレーを使う

もっとも手軽にできる靴のにおい対策は「消臭スプレー」。

履いた後にシュっとひと吹きするだけの簡単作業。

色んなメーカーから靴用消臭スプレーは出ていますが、おすすめは「ドクターショール」。

においやカビを抑えてくれて効果も長続き、コスパも良い‼ということなしのアイテムです。

パーネン
パーネン
玄関や職場のロッカーに常備しておくと便利だね。

消臭インソールを使う

スプレーと並んでお手軽なにおい対策が「消臭インソール

靴の中に入れておくだけでにおいを防いでくれる商品が多く展開されています。

特にここで紹介するインソールは、薄手でサイズにも影響が少なく、消臭効果もバツグン、シンプルな見ためで中に入れても目立たないのでおすすめです。

パーネン
パーネン
はっきり言って、名前はイマイチだけど効果はバツグン‼

「におい、幅広、靴ずれが痛い…靴のお悩み別【解決方法・アイテム】を元靴屋が徹底紹介」まとめ

shoes-foot trouble -foot

足と靴のトラブルについて解決方法・アイテムを紹介してきました。

ただ1番の解決方法は、しっかりと試着すること。

自分の足に合う靴か、サイズか、しっかりと吟味し、販売員の方とも相談しながら検討してください。

インターネットで靴を購入することも増えているので、外で履く前にしっかりと試し履きをしてくださいね。

いくら気に入った靴でも痛くて履けなくなったら、ただの飾りになってしまいますから。

パーネン
パーネン
ここは元靴屋として強く言いたい部分だね。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

それでは、パーネン(@hiro_pa911)でした。